考える、書く、伝える 生きぬくための科学的思考法 (講談社+α新書)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065231197

作品紹介・あらすじ

お笑い芸人で小説家の又吉直樹が世の中の不思議を探る教養バラエティ「ヘウレーカ」で、たびたび招かれるのが、大阪大学医学部病理学教授・仲野徹先生。専門は「いろんな細胞はどうやってできてくるのだろうか」学。ベストセラー『こわいもの知らずの病理学講義 』の著者でもあります。
ご当人は「めざすはお笑い系研究者」と述べていますが、ノーベル賞を受賞した本庶先生の愛弟子としても有名です。
その仲野先生が、自ら実践してきた「学び方を身につける」ための方法論を初めて披露します。
大阪大学「学問への扉」仲野ゼミを舞台に、大学1年生14人に行った講義は、わかりやすくかつ実践的。仲野先生は、論文、プレゼンなどの指導とともに、学びの頂点である「発想」や「考える」技術を教えていきます。それは、生きるために欠かせない一生使える力です。
コロナ禍で始まった15回のゼミ。オンラインでつながった学生14人が、仲野先生の講義でどう成長していくかも実感でき、何が成長の要因かも見えてくるでしょう。
さらに、論文やプレゼンは医学と健康をテーマにしています。ゼミ生とともに正しい情報のとり方や選択の仕方も楽しく学べます。

仲野先生が、「教育とは、学校で学んだことをすべて忘れたあとに残るものである」というアルバート・アインシュタインの名言を現実のものとするゼミを開講。
「ようこそ、『学問への扉 仲野ゼミ』へ! あなたも受講するつもりで、いっしょに楽しんでください」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大阪大学の教養課程の講義の様子を通して、どうやって考えるか、論文やプレゼンなどの発表を組み立てるか、を紹介している。こういう講義が大学の醍醐味ではないか、自身の大学生時代は、そんなことを感じるほど経験も成長もなかったのが寂しい。

    著者の好きな教育の定義は、「教育とは、学校で学んだことをすべて忘れたあとに残るものをいう」というアルバート・アインシュタインの名言。それを実践できる場になるかも、と試みた講義だという。

    著者が最も自信を持っているのは、文章の並べ方。KJ法を用いて、面白く読んでもらうためのデータの並べ方、を工夫するとか。また、論文とその発表の場合は、最初の要約、序論でいかに興味を持ってもらうか。

    「科学的な考え方」
    正確なデータに基づいて考える、「健全な」好奇心を持って疑う、できるだけ単純に考える、合理的に考える、慎重かつ大胆に考える、同じ興味を持っている人と話し合う。科学的な考え方は、ふだんの生活にも応用できる。

  • 選書番号:625

  • 自分が読みたかった内容とは若干違かった。けれど課題本にはそそられた。読むようにする。人に興味持たせるってどうやるんだろう?

  • 大阪大学の仲野徹教授のゼミを書籍化したもの。興味の湧くテーマを決めて、調べて、問いを立てて、論文としてまとめあげる一連の流れを学生が実践している。実験や研究はしない。誰でもできる「調べて、書くこと」を噛み砕いて説明し、学生にやらせてみて、添削し、推敲を重ねて完成品をつくっている。この「調べて、書いてみること」がなかなかに大変であることが読んでいてもわかるし、実際にやってみると大変だ。でも仲野教授はこの一連の流れがなによりも大切で、生きるための基礎力になることを力説している。誰でもできる。習慣化すれば早く質の良いものが出せる。考えも深まっていく。



    メモとして特に印象に残った部分を個人的に引用する。
    >結局のところ、いろいろと書いても、読んだ人が覚えていることはごくわずかです。「Take home message」は少ししかない、ということです。なので、タイトルで引きつけておいて、それに対する結論をパチンと書くのが望ましい。覚えてもらえるとしても、タイトルと結論だけぐらいですから。

  • 大学のゼミの内容を書籍化したもの。

    プレゼンや論文がどのように完成していくかの過程が見えてなかなか面白かった。

  • <目次>
    序章   仲野ゼミのテーマ
    第1章  本番開始!
    第2章  最低限のノウハウ1
    第3章  最低限のノウハウ2
    第4章  実践編 初めての個人論文
    第5章  実践編 改善した個人論文  
    第6章  実践編 グループで作る論文
    第7章  授業終了

    <内容>
    おなじみ大阪大学仲野教授が大学で実践した、大学入門ゼミを文字化したもの。大阪大学の1回生が受けている「学問の扉」という入門ゼミを担当した仲野先生が、2020年度、コロナ禍でZoomを使っておこなったこのゼミの模様を、実況中継した様子が綴られる。先生は医学部の教授ですが、入門ゼミなので他学部の学生ばかり。2回の実践をおこなっているが、第1回は故人で論文&発表。2回目は4人組(一部5人)で集団で論文&発表。むろんその間にテーマを発表して、討論してもらい、改善していく。全員のものはないが、2人と1組の実践内容が示されている。みるみるよくなっていく様子が見て取れる。本校(高校)の「総合学習」で似た取り組みをしているが、さすが大学生と大学教授。学生に示す示唆も素晴らしいし、学生もしっかりと取り組んでいる。今の学生は真面目なので、ちゃんと道筋を示せば、しっかりと取り組むんだよね。うちの先生たちに読ませたい。

  • 従来の詰込み型学習から、自由である反面、態度によって圧倒的に差がつく主体的学習への移行期たる大学入学時。受講生の感想にもあるように、この内容の講義を受けられるのは僥倖かも。プレゼンにしろ論文にしろ、離れたら離れたでどんどんコツを忘れていくもので、そういう意味では、結構復習になりました。自分の今後において、はたしてどれだけ使う機会があるか、そこがまた微妙だけど。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

仲野徹(なかの とおる)
1957年、「主婦の店ダイエー」と同じ年に同じ街(大阪市旭区千林)に生まれる。大阪大学医学部医学科卒業後、内科医から研究の道へ。ドイツ留学、京都大学・医学部講師、大阪大学・微生物病研究所教授を経て、2004年から大阪大学大学院・医学系研究科・病理学の教授。専門は「いろんな細胞がどうやってできてくるのだろうか」学。2012年には日本医師会医学賞を受賞。著書に、『幹細胞とクローン』(羊土社)、『なかのとおるの生命科学者の伝記を読む』(学研メディカル秀潤社)、『エピジェネティクス』(岩波新書)、『こわいもの知らずの病理学講義』(晶文社)など。趣味は、ノンフィクション読書、僻地旅行、義太夫語り。

仲野徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
出口 治明
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

考える、書く、伝える 生きぬくための科学的思考法 (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×