ふらいんぐうぃっち(10) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.20
  • (16)
  • (17)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 239
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065234150

作品紹介・あらすじ

黒猫のチトと一緒に横浜からやってきた真琴は、青森の親戚の家で暮らしはじめました。実は彼女は魔女。今はまだ空をとぶくらいしかできないけれど、又いとこの圭や千夏たちと毎日げんきに暮らしてます。

夏野菜の収穫が終わった頃、真琴は実家に帰省することになりました。青森から横浜まで、魔法は使わず、鉄道で行くのんびり旅。お姉ちゃんも一緒なので、余計嬉しいのです。途中、チトさんがちょっぴり大変な目に遭っちゃいますが…。そして、横浜でも魔女のお仕事が。都会のお仕事は変わったものが多いそうです。緊張します!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 真琴の帰省が描かれる第10巻
    その帰省が突然神奈川に到着しているという類の描かれ方ではなく、神奈川でも仕事する為の申請に始まり、横浜への道中、そして帰宅の日と順繰りに描かれたのはゆったりとした時間を纏う本作らしい流れだったね

    そういや、ようやく登場した木綿家だったわけだけど、そこまで魔女!って感じの家ではなかったのは少し意外だったかも。なんというか倉本家と同じようにとても温かみに溢れた家庭だったね
    その代わり、とても裕福そうなご家庭でしたが……。だから茜が放蕩していてもキツく叱られたりとか無いのか……?

    都会での仕事は微ホラーという感じ
    夜な夜な招き猫が動き出して雨を降らせるなんて光景を目撃したらトラウマになってしまうかもしれない
    でも、そこは本作らしく穏やかでほっこりとするような事件背景だったね
    長い歴史を経た付喪神。だからこそ、昔ながらだけで満足するわけではなく、当世風の代物を欲したりする
    弥生が判定したように今回は杏子の功績が大きい一件だったね


    そして、久しぶりに再会した娘が突如溶けたり分身したりした光景を目の前にしたお父さんはマジで災難だったと思いますよ……

  • "『あれ!?お姉ちゃんいる!?』
    「う うん」「あり?その声はお母ちゃん? 久しぶり〜元気ぃ〜?」
    『「元気ぃ〜」じゃないよー!!やっと声聞けたー!!
    あんた最近日本にいるんだって?』
    「うん 倉本さん家にいついてるよ〜」
    『もー!!だったらウチにも帰ってきなさーい!!
    それに定期的に連絡ぐらいよこせって言ったでしょうが!!!』
    「あ はい…」
    『あの瞬間移動みたいなやつ覚えてから世界中回ってるけどどっかで野垂れ死んでるんじゃないかって
    お母さんいつも不安なんだからねー!!てかスマホぐらい買いなさいスマホ!!』
    「あ そうですねすみません」"

    意味深な三魔女の予言や、実家への帰省と共に真琴の幼馴染が登場。
    猫動画見てるチトとケニーで笑っちゃう。

  • コーヒーブレイク本。

    青森の親戚の家から実家に帰省するとある新人魔女のほのぼのとした日々を描いたComic第10巻(2021/06/25発行、528E)。

    確かに”見られるのと見せるのはちがよね”、チトさん(笑)
    それにしても、魔女見習いとは云え古代アソベ語が解る杏子って、真琴より実力が上の魔女と云うことなのでしょうか...

    実家に帰省しても、ほのぼのとした不思議な一日が面白かったと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

石塚千尋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×