アルスラーン戦記(15) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.24
  • (10)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065234273

作品紹介・あらすじ

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!

ナルサスの智略のもと、草原の覇者トゥラーン軍の攻囲を打ち破ったパルス軍。王都奪還を見据え、着実に王者の器量を上げる王太子・アルスラーンに対し、脱獄したアンドラゴラス、そして銀仮面もまたパルスの覇権を狙い、動いていた。大戦を終え、平穏を取り戻したペシャワール城。しかし、予期せぬ来訪者の報せに再び緊張が走る。地上に国王はただひとり…。祖国のために立ち上がった少年に訪れる、最大の試練とは…!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とりあえず、20巻あたりで第一部が完結する感じになるのかな。この残酷な父子の対面、久しぶりに目にしたけど、やっぱなかなかのもんですな、アンドラゴラス。あとタハミーネも。そしてまたコアメンバーのみに戻り、舞台は中心から離れた港町へ。ここでのすったもんだも全く忘れてしまっているので、次の展開も普通に楽しみ。

  • ギランの町へ

  • 中盤の大きな転機ともいえる名場面を収録。
    原作でも好きなシーンだが、荒川版ではエピソードが補完されてより良い。話の筋を知っていても泣ける。
    ギラン編も楽しみ!

  • アンドラゴラスの復権とアルスラーンの追放により、大きく話が動く第15巻。アンドラゴラスの冷徹さと、主従の絆の温かさが好対照を為していて面白い。
    今巻の表紙はジムサ、だけど本編ではほとんど出番なし。

  •  ギスカールが可哀そうになってきた。周りがあれじゃあね。
     銀仮面卿も、カバーをめくったところにあったジョヴァンナに小言言われて棒読みで返事している頃が一番幸せだったのでは? もちろんだからこそ奮起してしまったのかもしれないけれど。
     マルヤムにそのままいることができたら、あるいは兵を率いてマルヤムを守り、ルシタニアの侵攻を食い止めることもできたかもしれないのに。

     敵方が可哀そうだなという連続の一方、アルスラーンもアンドラゴラス王の帰還に冷や汗かきっぱなし。
     アンドラゴラスもわざわざ5万の兵を連れて来いなんて言わずに、どうしてさっさとアルスラーンを殺してしまわないんだろう。
     5万の兵集めて帰って来いなんて、兵を集める大義名分を与えて……そうか、大義名分与えて兵を集めて反旗翻してきたら、それこそ大義名分で王子を討つことができるものな。おお怖。

     南方への旅は一服の清涼剤。
     アルフリードはゾット族長の娘というか、族長としての貫禄をここぞとばかりに見せつけてくれた。
     ナルサスは、カーヒーナにああまで言われたのにやっぱり振るでもなく応えるでもなく。あれは完璧にダメな男だわ。弄ばれるなアルフリード!
     まあ、才能に惚れたならもう仕方ないかもしれないけれど。
     幸せにはなれない相手だよねー。

     次はナルサスの学友シャガード登場。
     この辺から小説を読んだ記憶が……?
     まとめて買いなおそうかな。

  • 国王めちゃめちゃむかつく

  • アルスラーンを応援せざるを得ません。友人たちと共に大望を果たせますように。ジムサ、エステルも力になってくれますように。そして、チャラい感じの方が新たに登場しそうで楽しみです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アルスラーン戦記(15) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×