ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.23
  • (15)
  • (24)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 298
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065236055

作品紹介・あらすじ

ヴァイキング達が跋扈する11世紀北欧を舞台にトルフィンが本当の戦士を目指す物語。父親の仇を討つために過ごした幼少期、奴隷として農場で過ごした青年期を経てトルフィンはヴィンランドへの渡航を本格的に模索するようになる。北海最強の武力集団・ヨーム戦士団の居城・ヨムスボルグを中心にバルト海が戦火に包まれたヨーム継承戦争にまきこまれたトルフィンだが、辛くも戦争を生き抜いた。東ローマ帝国への交易で莫大な資金を調達したトルフィン達一行はアイスランドに帰郷。故郷のアイスランドで結婚式を挙げたトルフィンとグズリーズはヴィンランド移住計画の賛同者を募る。そしてついに約束の地・ヴィンランドへと出港した! まずは、レイフの故郷・グリーンランドでさらなる移住希望者を募り、補給を完了。ヨーロッパの最西端から世界の果てを目指して海を越える!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • トルフィンがまた一つ大きくなった。

    老いたレイフを前に自分を導いてくれた、育ててくれた「父」を思う。
    そこに見るのはレイフであり、トールズであり…アシェラッド。
    客観的にはまさにその通りで、結果的に今のトルフィンを形作っているのは間違いないのです…が。
    トルフィンが自ら、アシェラッドをトールズ、レイフと同じように見た、というのが本当に大きい。
    これまで「もう憎めない」と答える事はありましたが、父とまで思えるようになるとは。
    大きくなったというか、憎しみを昇華して大切な過去であったと認められるようになるというのは、もはや悟りとすら言えるのではないでしょうか。
    凄く複雑だけど、だからこそ胸にしみるものがあります。

    そしてついにヴィンランド到着。
    正直なところ、ヴィンランドに辿り着いたらそこで終わりかな、と思ってましたが、まだまだしっかりと話が続くとは。
    考えてみれば、トルフィン達の目的というか命題は「争いのない国を作る」事なのですから、「俺たちの国作りはこれからだ!」じゃ終わらないんですねぇ。
    何もかも分からない場所で一から始めていかなきゃならない…これは大変だ。更に「戦いに呪われている」トルフィンとしては。

    新しい展開、また違う面白さが見れそうで楽しみです。
    ただ、トルケルやガルムがもう出てこないのかなー、と思うと、ちょっと残念。


    …もう出てこないと思ってたギョロは、見事に出てきたけれども(笑)
    凄いなぁ、ギョロ。ホントに美味しい。

  • 新天地ヴィンランドを求め、旅をしてついによい土地をみつけたトルフィンたち。

     剣で征服すればよいという仲間に対して、あくまで平和にことを進めようとする。

     ここから先住民とどういう展開になっていくのか、というのを思わせるあたりで、25巻がおわった。

     すぐに26巻に取り掛かる前に、前の巻を本棚から引っ張り出してぱらりらしてみた。ちなみに、ヴィンランド・サガは紙の本で読んでいる。紙で読み始めたから、そろえておきたくてね。

     手に取った巻が、ヒルドのエピソードだった。

     トルフィンが戦士だった時代に、彼はヒルドの家族を殺しているんだよね。復讐するヒルドが、最後にはそれを思いとどまり、トルフィンが再び剣をとるなら殺す、と監視目的で同道するようになるまでのエピソードを読み返す。

     今の巻だけ読んでいると、ヒルドが少しでも打ち解ける雰囲気をみせると、ほっとすることもあるんだけどさ。過去の経緯をみると、そんな甘いものではないことが察せられる。

     この物語は、トルフィンの罪と罰、いや、罰と言うにはトルフィンはもっと前向きかな。なら、罪と償いの話になって来ているのだろうと思う。

     今のトルフィンをみて、もっと強くでればいいのにと思うことがあるにしても、トルフィンは自分の中で大きく傾いた天秤のもう片方に、必死に何かを積み上げてバランスをとろうとしているのだ、そんなふうに思えた。

  • 待ってました! ついにヴィンランド開拓事業が始まりました。先住民と衝突せずにやっていけるのか楽しみです。

  • 読了。もう戦争はいいだろうと思いながら読んだ。

  • 地理に詳しくなりそう、トルフィンの気配り上手っぷりがすごいよね

  • ヴィンランドがどこなのか調べてしまった

  • 国生み、始まる。

  • インディアンのような先住民、どういうルートでこの島で暮らすようになったのだろう…

  • ヴィンランド到着
    ネイティブアメリカンと遭遇

  • これもずーっとおもしれえ。すげえよ。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年5月4日生まれ。神奈川県横浜市出身。血液型B型。
「モーニング」掲載の『プラネテス』でデビュー。現在は「アフタヌーン」にて『ヴィンランド・サガ』連載中。
2002年、第33回星雲賞コミック部門賞受賞。
座右の銘:「あ、一瞬待ってください、じゃ半日でもいいです」


「2022年 『ヴィンランド・サガ(26)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幸村誠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×