星降る王国のニナ(5) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.12
  • (6)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065236581

作品紹介・あらすじ

瑠璃色の瞳を持つ少女ニナは、大国ガルガダへの輿入れを控えていたアリシャ姫の身代わりとして、フォルトナの第二王子アズールに見出される。孤独な星の下に生まれ、互いに惹かれ合うふたり。ニナは、国王に狙われたアズールの命を救うため、ガルガダの第一王妃の座を手に入れることを決意する。しかし、ガルガダの第一王子セトは、愛を知らぬ冷酷な青年だった。それでもニナは「私を好きになってみるのはどうかな?」と持ちかけ、少しずつ距離を縮めていくが、突如として、王位継承順位は白紙となり、王の座をめぐってニナの争奪戦が繰り広げられることに。さらにそこへ、フォルトナ国の使者としてアズールが現れ…!?
恋と愛のはざまで惑い、揺さぶられていく運命の王宮ファンタジー第5巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • セトがカッコよすぎる

  • ばあーか

  • 「そんなのくそくらえですわね」ほんとにねー!セトがどんどんどんどん推しメンになっていくー。あんなに塩対応だったセトがー!!アズもいいのよ、アズも。でもさ、セトはニナがいなくなったら壊れると思うの。ああ、でもアズも。。せつない!!もう3人で国作っちゃいなよ!←アカンやろな(笑)

  • 表紙がとても綺麗です✨
    ニーナ、アズール、セトの三角関係?!
    今後がとても楽しみです。
    ニナの負けん気と行動力、とても好きです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

BE・LOVE2011年6号で「明治緋色綺譚」の読み切りを掲載。主な作品に「明治緋色綺譚」(全13巻)、続編「明治メランコリア」(全11巻)、「昭和ファンファーレ」(全7巻)がある(すべて講談社)。

「2022年 『星降る王国のニナ(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リカチの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×