首の鎖 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065237694

作品紹介・あらすじ

家族に縛られる人生は、終わりだ――。


甘やかな青春時代すら祖母と母の介護に尽くしてきた勝村瞳子は、気づけばもう四十歳目前。
このまま介護で私の人生は終わるのか――未来が、見えない。

愛し合って結婚したはずの妻に、過剰なルールで束縛され、さらに執拗なDVに悩む丹羽顕。
僕の自由は一体どこに――、出口が、見えない。

心療内科で出会った瞳子と顕は次第に心を通わせていく。
友人とも恋人とも言えない関係の、ぬるま湯のような快さに浸り続けていたが……

「――妻を、殺してしまいました」
「・・・・・・すぐに行くから、待っていてください」 

顕からの一本の電話で状況は一変する。
果たして二人の運命は。

著者プロフィール

1984年山口県生まれ。『誰かが見ている』で第52回メフィスト賞を受賞し、デビュー。他の著作に『首の鎖』(本作)『友達未遂』など。

「2021年 『首の鎖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮西真冬の作品

首の鎖 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×