おおきく振りかぶって(35) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (9)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 195
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065240489

作品紹介・あらすじ

いよいよ3学期! 練習も本格的に再開した西浦高校硬式野球部の部員たちは、高校受験の試験休みに神奈川へ遊びに行くことに。阿部の発案で、そのついでに神奈川の強豪校を見学するのはどうだろう? 手分けして公立、私立の野球部を訪れた部員たちは何を学ぶ? それはそれは各学校の特色豊かな高校野球のリアルだった! かつてない高校野球漫画として称賛される名作、今度は強豪の指導者の視点で高校野球を論じる! 35巻にしてまだまだ語る題材には事欠かない、これが高校野球のリアルと素晴らしさ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 選手だけじゃない。指導者にも考えや方向性がある。強くなる方法はさまざま。
    高校生が自主的にそれを探し、取り組む。もうそれだけで感動

  • 待ちに待った35巻!とりあえずキャラクターがみんな好きなので全巻最高ですが、今回は神奈川の強豪校見学の内容のみで少し物足りなく感じましたが、野球をやっていた身としてはコーチたちの話もすごい面白く、後悔することも多々、、、。毎回ほんとに詳しく、内容も濃いので読みごたえ抜群です!次巻はみんなの三橋家訪問なので、すごく面白そうです!

  • この漫画は、試合してる時の方が面白いので、今回は休憩のようなものなんだが、それでも十分面白い。
    作者が、人を描くのが上手くて、それぞれの登場人物がそれぞれに違って、かつ、それぞれの立場で説得力のある人間像になってるのが良い。
    モモカンは出てこない。

  • まさか他校の見学エピソードだけで丸々1巻使うとは思わなかった
    本作は野球漫画であることは確かなんだけど、その一方で少年達が野球をするシーンをただ描くだけではなく、この作品を通して少年野球とはどのようなものかという点をあの手この手で伝えようとしているかのようだね


    他校の野球部を見学、このようなお題目だったら普通着目するのは練習方法が中心のはず
    けれど、本作の場合はそれだけでなく私立校・公立校の特色やそこで活動する指導者の考えにも言及している点は面白いね
    正直、指導者レベルの話を花井達が知ってどうなるんだという疑問が無い訳じゃないのだけれど、一方でこういった点なんてドキュメンタリーでも見なければ判らないし想像もしない分野
    そして、それを物語の中で描こうとしたらそれこそ他校の見学という手法を取ることでしか描けないだろうね

    また、他校を知れば自校の特色も見えてくる
    思えば、西浦って新設部で部員もギリギリの人数で練習時間も強豪校のように取ることは出来ていない。一方で心理学を応用したメンタルトレーニングを取り入れており、今回の見学だって生徒発案・実行とかなり珍しいことをしている
    西浦からすれば今回見学した学校はどこも特色ある指導方法を実践しているけれど、西浦だってそれに負けない育成がされているんだよね
    この巻は物語的な面白さは薄いけれど、そういった新たな着眼点を得るという意味ではなかなかに刺激的な内容だったね


    そして、他校で得た刺激を早速実践するかのように阿部がとんでもない企画をぶち上げてないかい!?
    150キロ行軍ってそんなあっさり決めていい企画じゃない気がするよ!?本当にやるの!?そしてこの流れで三橋の実家行くんだ!?
    なんだかラストに凄まじいジェットコースターを見た気がするよ……

  • 面白い。今回は高校野球の指導者の話し。

  • 今回は色んな野球部を見学に行く回。
    それぞれ合った場所に見学に行けたのでは??次の巻も楽しみ〜っっ!!!

  • 〈受験休み期間中、神奈川の高校野球部4校に見学〉

  • 最近野球してくれないけれど、もうこれはこういうものなんだと思って楽しめるようになってきた。

    あと、おっさん2人が萌え殺しにきましたよ…

  • おおきく振りかぶって(35) (アフタヌーンKC) | ひぐち アサ
    出たよ!
    今回は、学校が受験ではいれないので、みんなで手分けして神奈川県の強豪校の視察にいく話……。
    さまざまな立場の生徒がいて、その面倒をみてる監督の思いもさまざま。
    それを見て、たった一日で、みんな、ものすごく成長する。
    よその世界を見ることで世界が広がり、彼らは確実に階段を一つ登るんだよね。
    そういうとこ、あいかわらず、すごく上手。

    ギャグもケレン味もなく、ストレートに真面目に丁寧に話は進む……ので、それにじれる人もいると思うけど、現実はこうなんじゃないかなぁ、と思う。
    みんな、真面目だもん。
    でもって教師になりたい人は読んでおいたほうがいいマンガです。
    なぜって、これ、コーチングの話だからね。

    2021/07/27 更新

  • 今回は、面白かったー。
    退屈に感じる人もいるかもしれないけど、
    チームの数だけ指導者がいて、
    それぞれの信念のもと、
    子供たちに向き合ってる姿は、
    花井じゃないけど、
    なかなか考えないよね。

    高校野球の主人公は
    もちろん子供たちだけれど、
    重要なサブキャラには大人がいるんだよ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。
現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

「2021年 『おおきく振りかぶって(35)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひぐちアサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おおきく振りかぶって(35) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×