天国大魔境(6) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (8)
  • (18)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 280
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065240496

作品紹介・あらすじ

廃墟と化した未来の日本。マルとキルコは、どこにあるともわからない「天国」を目指して旅を続けていた。二人は、「天国」を見つける鍵だと思われる「キル光線のマーク」を追い茨城にある「高原学園」の施設を訪れる。そこにある「復興省」を訪れたキルコは捜し求めた人物との再会を果たす! 一方、「天国」の「高原学園」では妊娠のために隔離されていたトキオが無事に出産を果たす。脳移植を目論む園長の野望は果たして……? 厳しい世界を、悩みながらも軽やかに生き抜く、少年少女サヴァイブ群像劇!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おぉぅ……「そっち」だったのか。

    突然ミミヒメが可愛さマシマシで凄く応援したくなるのですがー。
    これは、あかん展開のような気がしますね。

  • なかなかつらいシーンが。
    そしてヒルコとは。

  • “『この体のどこかに 姉ちゃんが生きてるのかもしれない……
    僕の脳が姉ちゃんの体になじんで 姉ちゃんになりかけてるのかもしれない
    ああ……それはいいな それがいい……』”[p.47]

  • 会えたからといっていい方向に進むとは限らんとは思っていたが、ロビン、最悪野郎じゃねえか……
    マルの真っ直ぐがまぶしい、べしょべしょに泣いちゃうキルコもまだまだ子どもなんだよな。

    天国と地獄の物語が同時進行とは限らないんだよな。
    トキオの子どもが双子?なことでその感を強くした。

  • こういう設定が複雑なタイプは、週刊誌で間断なく読み続けるか、それが適わないのなら、完結してから一気読み、ってのが妥当な読み方なのかも。本作は、とりあえずそれなりに分かりやすくはあるのだけど。

  • 【あらすじ】
    廃墟と化した未来の日本。マルとキルコは、どこにあるともわからない「天国」を目指して旅を続けていた。二人は、「天国」を見つける鍵だと思われる「キル光線のマーク」を追い茨城にある「高原学園」の施設を訪れる。そこにある「復興省」を訪れたキルコは捜し求めた人物との再会を果たす! 一方、「天国」の「高原学園」では妊娠のために隔離されていたトキオが無事に出産を果たす。脳移植を目論む園長の野望は果たして……? 厳しい世界を、悩みながらも軽やかに生き抜く、少年少女サヴァイブ群像劇!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 両方がどえらい展開に。
    まだまだ謎ばかりで、どう決着つくのか全くわからない。
    続きが早く読みたい。

  • 今一番続きが気になる漫画だけど、全然核心は掴めなかったーー。
    ロビンあまりに行いが下衆なので、春希とマルを裏があって欲しい...
    石黒先生、トーンを使わないのにここまで緻密な異世界の空気感を作り出せるの本当にすごい。イラスト的なことを言うと髪が伸びて女性らしくなったトキオは完全に紺先輩に見えた。そしてマルの告白は男らしくて、コマ割りと相俟って非常に格好良かった。
    ヒルコって、サマータイムレンダでも思ったけど、なんであんなに字面だけで不気味なんだろう。外の外にも出たし、テストが始まって賽は投げられた感じがあるし(そのページの迫力凄かった)、トキオの子供の片方は足に〇を書かれたし、猿渡は怪しげな挙動を見せているし、時系列トリックは石黒先生使っているだろうし、園長はまさかのしっかり走れるし、続きが気になります。

  • よう分からん

  • すっごい楽しみにして読んだら、前の話を何も覚えていないことがわかった。続きは楽しみだけど、また同じことになりそう。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ、福井県出身。
2000年、『ヒーロー』でアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞しデビュー。
2005年から『それでも町は廻っている』の連載開始、2010年にテレビアニメ化、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。『木曜日のフルット』『外天楼』『ネムルバカ』など、幅広いジャンルを手掛ける。『天国大魔境』が「このマンガがすごい! 2019」オトコ編第1位にランクインした。

「2022年 『天国大魔境(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石黒正数の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×