とんがり帽子のアトリエ(9) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (4)
  • (11)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 290
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065241004

作品紹介・あらすじ

渡り星が渡ったら、それは祭りの合図。

タータの手伝いで魔法使いのお祭り「銀夜祭」に参加することになったココたちは、それぞれ作った魔法器を手に、開催場所である島都エズレストへ向かう。
屋台が立ち並び、祭りの気配に浮足立つ街に、あらゆる人間が訪れ喧騒を増してゆく。
そんな祭りの期間、魔法が使えない王城で、貴族と魔法使いの会議が行われいてた。

祭りに集う魔法使いや貴族たち、そして招かれざる客人……それぞれの思惑を秘めながら、ついに「銀夜祭」が幕を開ける。

新章突入の9巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容よりも「性暴力被害に関する描写」についての注意書きがあったことに驚いた。
    これからはこれがスタンダードになるのかもしれない。

    別に面白おかしく書いている訳ではない。むしろ身勝手な理屈で性暴力をする加害者への強烈な糾弾になってる。
    だからこそなのかな。その怒りを描ける人だからフラッシュバックを心配せずにはいられなかったのだろう。
    これがベストなのかはまだわからないが。
    気になったのは折角○頁まで飛ばしてもいいと書いてるんだから、その頁にノンブル入れようよ。スペースあるんだから。

  • 銀夜祭の前夜祭?
    お祭り気分で皆はしゃいでます。
    変わらず絵は綺麗で上手だし、世界観も破綻することなく物語が進行中。
    ココの抱えるものを少しでも軽くできると良いなと思いながら読みました。

  • ヴィナンナ団長かっこいいー!
    しかし、ココ…うう…しんどい展開になってきた…。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ビームコミックス『エニデヴィ』で漫画家デビュー。イラストレーターとしてもマーベルコミックス、DCコミックス、スター・ウォーズ等のアメリカンコミックスの表紙・挿画などを手がけている。2016年より『月刊モーニングtwo』で『とんがり帽子のアトリエ』を連載開始。本作は日本での人気のみならず、フランス「JapanExpoAwards」をはじめ海外でも多くの漫画賞を受賞している。

「2021年 『とんがり帽子のアトリエ(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白浜鴎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

とんがり帽子のアトリエ(9) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×