七つ屋志のぶの宝石匣(14) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (10)
  • (21)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 247
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065242469

作品紹介・あらすじ

「もうこれ以上、何も失いたくない」――。

4月、高校3年生になった志のぶ。
顕定の29歳の誕生日がもうすぐ迫っているということで、虎徹の一言をきっかけに、みんなでサプライズパーティーを開くことに! 
一方、姉の義父が怪しい合成ダイアと、高価な”赤い石”を持っていると知った鷹。顕定の誕生日当日、とある危険を冒して…? 

点と点が線で繋がり、衝撃展開が続くサスペンスフルな第14巻!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タカさん無茶しないで〜(゜o゜;敵がほんとにやばそうで怖い。急に危険な展開でドキドキ。モーニングジュエリー、綺麗というよりちょっと怖い。

  • だんだん核心に近づきつつあるのかな。
    相関図ありがたい。

  • 鷹さんのオーダージュエリー欲しいなー!

  • 質屋に預けられた良家の息子と、石に関して天才的な鑑識眼を持つ女子高生との、かつて失われた家宝の石を探し出そうとする話第14巻。鷹臣の姉の嫁ぎ先で判明する意外なつながり、そしてまた出てきた人工ダイヤ。そろそろ核心に近づいてきつつある気がする。

  • 波乱の展開!? モーニングジュエリーか。

  • 「赤い石」のために、危険をおかすのはやめてほしい。

    人物相関図とてもありがたい。

  • 赤い石出てきた?!そして、志のぶと顕ちゃんの関係はどうなるんだろう……本当に。#漫画 #コミック #二ノ宮知子 #七つ屋志のぶの宝石匣

  • 面白かった。早く続きを読みたい。

  • 最後の話を読んで、人間、一人でできることなんて限界があるから、信長目指すより、頼り上手になるというのも正解な気もしました。

  • どうなるのーー、
    いよいよ佳境に入った感じかな。
    あきちゃん、もっと素直になったらいいのにー

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2004年、『のだめカンタービレ』で第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。同作はテレビドラマ・アニメ・映画化され、国民的人気を博している。現在は「Kiss」(講談社)にて『七つ屋志のぶの宝石匣』を連載中。他の代表作として『GREEN』『トレンドの女王ミホ』などがある。

「2021年 『のだめカンタービレ 新装版(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

二ノ宮知子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

七つ屋志のぶの宝石匣(14) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×