珈琲をしづかに(5) (モーニング KC)

  • 講談社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065260838

作品紹介・あらすじ

かつて紫都香(しづか)に告白した健吾(けんご)と初めて会い、紫都香との埋まることのない年齢差を実感して落ち込む貴樹(たかき)。一方、紫都香もまた健吾からの問いかけをきっかけに幸せについて思い悩む。それぞれの気持ちが繊細に揺れ動くなか、貴樹はついに想いを伝えることを決意するが……? 喫茶店のマスターと男子高校生の8歳差の恋と成長の物語、完結巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前巻にて、健吾を通じて紫都香に貴樹の恋心が伝えられ、貴樹もどうしたら自分が紫都香の隣に相応しい人間になれるか真剣に考えるようになった。最終巻は恋愛を含んだ意味で相手を思い遣るという事が話題の中心となっているように感じられたよ
    それをとても優しく丁寧に描いていたね


    恋愛に対し不安を抱く紫都香、自分がまだ子供だという自覚がある貴樹
    そんな二人を前に25話から27話まで年長者達が自分の恋愛観を語っているね
    でも、彼らは直接的に恋のアドバイスそのものを伝えるのではなく、恋の感情を持った状態での人との向き合い方をそれぞれの立場から教えてくれているように思えた
    その中で共通しているのは今行動する大切さかな。特に「相手を幸せにできる自信なんて~」と言って大切な人と関わる機会すら潰してしまった前マスターの言葉は紫都香にじんわりと響いたようで

    紫都香は自身の感情に悩み、貴樹もそれを見て悩み…
    その中で貴樹の素晴らしい点は資格がなければ告白してはならないとの自分の考えを改め、紫都香とどうなりたいか、その理由の為にこそ告白したいと思い直せた点だね
    自分の為ではなく紫都香の為に告白しようと思えた

    特に紫都香が伝えられなくて引っ込めた言葉を引き出す為に直接会いに行ったシーンはとても良かった。告白の理由を「話してもらえる相手になりたい」と定めた貴樹、それをまさしく実践したシーンというわけだ
    祝って貰いたくて、でもそれをすぐには伝えられなくて。それを貴樹が拾い上げて、きちんと「おめでとう」と言えて
    二人は確かに相手を思い遣って行動できたと言えるのだろうね

    そして、そのまますぐにくっつくのではなく、期間と契機を決めて告白の返事までに自分が何をすべきかを改めて定める二人の姿勢は何ともらしいものだったね
    それは告白の資格を求めての先延ばしではなく、今は相手の為にならないとの考えからの先延ばし。そうした考えの下にいつ告白するかを定めたから、告白の瞬間はとても清々しいものになるし、その後の二人の関係も気持ちの良いものになる


    マスターと客、大人と子供、それまで作れなかったオリジナルブレンド。それらを越えて隣り合えた二人の姿にこちらまで幸せな気持ちになってしまうようですよ

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

6月21日生まれ、福岡県出身。漫画家&イラストレーター。「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)でデビュー。代表作に『はぢがーる』『おにまん』『なでしこドレミソラ』。他に読切や作画担当で作品を数作発表。

「2021年 『珈琲をしづかに(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやびあきのの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×