遊廓と日本人 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (3)
  • (11)
  • (27)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 337
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065260951

作品紹介・あらすじ

人権無視の悲哀の場か、日本文化の聖域か。
「日本史の陰影(タブー)」を再考する。

江戸学の第一人者による「遊廓入門」の決定版!

遊廓は二度とこの世に出現すべきではなく、
造ることができない場所であり制度です。

一方で遊女が、高い教養をもち、輸入香木を焚いてとても良い香りを放ち、和歌を作り、三味線を弾き、生花や抹茶の作法を知っており、一般社会よりもはるかに年中行事をしっかり行い、日本文化を守り継承してきた存在でもあったことを忘れてはなりません。


【本書の内容】

・遊郭は「辺境の別世」「身分のない世界」
・「不夜城」と呼ばれた吉原遊廓
・「色好み」という日本文化の伝統
・井原西鶴が描いた「床上手」な遊女たち
・恋を創るために読まれた「色道」
・江戸の「いい男」「いい女」の条件とは
・遊女を世に知らしめた「洒落本」と「浮世絵」
・遊女の人権が問われた「マリア・ルス号事件」
・吉原遊廓の凋落と消えゆく江戸文化  ……ほか

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あの人気アニメの舞台はどんなところ? 意外と知らない「遊郭」の実態に迫る:時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/v4?id=yukaku202112220001

    「遊廓と日本人」田中優子氏|日刊ゲンダイDIGITAL
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/297528

    明治政府が「遊女たちの解放命令」を出すキッカケになった「大事件」をご存知ですか?(田中 優子) | 現代ビジネス | 講談社
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/88705

    『遊廓と日本人』(田中 優子):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部
    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000358371

  • 鬼滅の刃の放送でも「子供に説明できない」と、疎まれる遊郭。炭治郎のいる大正時代ならそうかもしれない。でも江戸時代には、文化人がこぞって足を運ぶ、格式高い社交場があったという。光と闇が混ざり合う、白黒つけられない存在で、いいじゃないか。

    ※※※※※
    ■ Before(本の選定理由)
    遊郭が江戸の文化発展に寄与したって?
    何故そんなことを言えるのか、気になった。

    ■ 気づき
    遊郭は、歌の文化、もてなしの文化、文芸にも影響を及ぼした。トップ層だけの話だが、そんな時代もあった。食事が芸術を言えるのと同様、欲求を昇華した匣が、遊郭という存在だったと思う。

    ■ Todo
    印象だけで毛嫌いしない。でも制度上の闇もあるので賞賛しない。白黒つけない。

  • 最近、時代劇を見なくなりました。というか、好んで見ていたのは必殺仕事人のシリーズくらいでしょう(中村主水が出ていた方)。ドラマの中でたぶん遊郭と呼ばれるようなものをちょくちょく見かけました。花魁道中というのも見たことがあります。華やかな姿で、自信をもって歩いているように思えました。でも、結局は皆、借金のカタに自由を奪われて働かされている女性なのですね。それでも、客相手の仕事に就くわけで、お茶やお花をはじめ教養はいろいろと身につけていたとのこと。当時、時計のねじの調整ができるというのが特殊技術だったわけですね。年中行事なども行われ、遊郭は文化を継承してきたわけでしょう。遊女たちは長くその中で仕事をしていると、自分の仕事に誇りを持つようにでもなっていたのでしょうか。そのあたりの気分がちょっと分かりません。男性には「女性を性の対象としてしか見ない」というような人が多くいたわけでしょうし、それを割り切ってできていたものなのか、どうなのか。それと、遊郭という場所自体ですが、新宿歌舞伎町みたいな、何か繁華街の中の歓楽街と呼ばれるような場所とのイメージがあったのですが、どうも畑の中にポツンと人工的に作られた街だったようで驚きです。その郭の中だけが、パッと華やいでいたということなのでしょう。不思議な空間です。「千と千尋」のトンネルを抜けた先のようです。著者も最初から書かれていますが、二度と同じようなものをつくってはいけませんが、でも、文化や行事など残しておきたいものも数多くあるのは確かです。歴史をきちんと学ばないといけませんね。

  • 遊廓とはただの風俗場という認識だったが違った視点で面白かった。芸としておもてなしとして、遊女はかなり優れた人だったというのも驚きだった。読みきれないところもあるがかなり満足した。

  • 「遊郭と日本人 田中優子著」読了。なんとなく、AV業界に似ているのではと思った。庶民の手の届かないはかない存在。

  • ●なぜ読んだか
    →遊廓というものがどんな場所なのか、
    遊女とはどんな女性たちだったのか気になったから。

    ●感想
    →遊廓とはどんな場所でどんな遊女たちがどんな理由で働いているのかを知れた。歴史には疎いため少々聞きなれない用語が多く何度も読んでしまう部分もあったが、大まかに遊廓というものを知りたい人にはいいと思う。

  • 遊郭の基本的な情報が知れて良かった。

  • <目次>
    はじめに
    第1章   吉原遊郭の誕生
    第2章   遊郭とはどのような場所か?
    第3章   遊女はどんな人たちか?
    第4章   男女の「色道」と吉原文化
    第5章   吉原遊郭の三六五日
    第6章   近代以降の吉原遊郭
    終章    遊郭をどう語り継ぐべきか

    <内容>
    この時期に田中優子がなぜ?だったのだが、中世から江戸初期は、「遊女」は売春よりも芸能に重きがあり、様々な日本の芸能のルーツになっている(歌・楽器・踊り・工芸品・服・化粧など)ことだ。むろん、ジェンダー論から見ても必要な所はあるのだろう。ただこの本は興味本位ではなく、微に入り細に入りではなく、本筋をサーっと流す感じ。歴史上の(吉原)遊郭を学ぶにはいいだろう。

  • 江戸時代の風俗ってどんなんだったか〜ってお話

    昔は今で言う本番までしてあげることが多くて、ただコンドームがない時代だったから性病で若くして(27-28くらい)亡くなる遊女が多かったそうね。

    今と違うのは、当時の遊女は茶道とか華道の作法を知ってて、歌が読めて文が書けてととても教養が高かったそう。だから大名とか商人の奥さんも驚くくらいで、「正妻に迎えてもいいんじゃない?」と奥さんから提案された記録もあったそうよ

  • 裏と表が良く描かれており、一つの流行発信基地であることが分かった。蔦屋書店の由来も何となくわかった。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

前法政大学総長

「2022年 『ベスト・エッセイ2022』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中優子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ギデオン・デフォ...
劉 慈欣
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×