降り積もれ孤独な死よ(1) (イブニングKC)

  • 講談社
3.68
  • (4)
  • (12)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 203
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065263426

作品紹介・あらすじ

累計100万部超の大ヒットクライムサスペンス『親愛なる僕へ殺意をこめて』コンビ最新作。富字山南警察署の刑事・冴木仁は空き巣の通報を受けて、とある屋敷へ。ところが、調べを進めていく中で、衝撃の事実が判明。捜査陣に戦慄が走る。血塗られた狂気と対峙する刑事を描く、激情と慟哭のノワールサスペンス、開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 続きが見たい‪(ᯅ̈ )

  • 続きが気になっちゃう

  • 親に食事を与えられていない少女に、ヤクザチックな男性が食事を与えていて、その食べ物が実は万引きしたものだった…これを知った少女に、男性が「飢え死にするか、万引きするか選べ」と言い放つ。さて少女はどうするか?という始まり方

    きになっている

  • 話はこれから。
    読者がページ捲ったときの感情を
    考えながら描かれてる感じ

  • 空き巣の通報を受けて、刑事・冴木仁はとある屋敷へと向かう。そこで発見されたのは13人もの子どもたちの遺体だった。犯人は虐待を受けた彼らを引き取って育てていた灰川十三なのか、それとも─。

    子どもたちの生存者は6人。警察に事情を話しに来た花音とその過去。しかも、冴木の弟・蒼佑もまた十三の家で暮らし、生存している子の一人だった。自らも父に虐待される日々を過ごし家から出て、弟を護れなかった後悔を背負う冴木。彼はどんな真相へと辿り着くのか。虐待が鍵になるのは間違いなさそう。

    作り物で飾られた家、作り物の家族。『我が子を食らうサトゥルヌス』から生存者の数や意図など含みを感じる(過去で見た絵は位置が違うので別?)。13人もの子を殺したのが十三ではなく子としたら、姿を消した十三を呼び戻すためか、虐待を連鎖させていたのか。降り積もる死の先に見える場所とは。

    ドラマはまだまだ始まったばかりで、しかもラストは衝撃の展開に。ここで終わるの?!ってなる(笑) 蒼佑との和解もちょっと素直には受け取れず、今後のドラマ展開が気になる作品。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

『サマー・ソルト・ターン』『蹴児〈ケリンジ〉』原作担当。

「2020年 『親愛なる僕へ殺意をこめて(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井龍一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×