警告(下) (講談社文庫)

  • 講談社
3.86
  • (5)
  • (20)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065263778

作品紹介・あらすじ

レイチェルから協力を断られたマカヴォイは、ニュース・サイトの同僚と協力して事件を追う。
被害者と同じ状態で亡くなっている複数の女性を調べた彼は、彼女たちには他にも共通点があることを掴む。それはある会社に自分のDNA分析を依頼しているということだった。
マカヴォイはジャーナリストとして疑惑の会社を直撃するが、その壁は高く、さらに重要な情報に近づこうとするたびに、相手は次々と死んでいく。
そして、凶悪な連続殺人犯の魔の手は、マカヴォイに、またレイチェルにまで伸びてくる――。

「アメリカの犯罪小説の巨匠による新作ミステリーは、クライマックスに向かって突進し、あなたを心から感動させるだろう……優れた作家であるコナリーは、読者が悲鳴を上げそうになるくらい緊張感を高めていく。あらたなマカヴォイ/ウォリング・シリーズの到来を予感させる見事な作品である」
――ピーターボロ・テレグラフ紙(英国) アレックス・ゴードン

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公マカヴォイは功名心なのか正義感なのか自分の記事を独占したいのかレイチェルやエミリーと詰まらない事でぶつかったり信頼を失ったりする。
    なんかその辺が作者の人物像の描き方の美味さなんだろけど、イマイチ主人公が好きになれない。
    物語自体は面白いがハラハラドキドキでページを捲る手がもどかしいという程でもない。
    そのへんがボッシュシリーズとは違うところ。
    なんでこんな男に惹かれるのだろうレイチェルは。。。

    作品紹介・あらすじ
    レイチェルから協力を断られたマカヴォイは、ニュース・サイトの同僚と協力して事件を追う。
    被害者と同じ状態で亡くなっている複数の女性を調べた彼は、彼女たちには他にも共通点があることを掴む。それはある会社に自分のDNA分析を依頼しているということだった。
    マカヴォイはジャーナリストとして疑惑の会社を直撃するが、その壁は高く、さらに重要な情報に近づこうとするたびに、相手は次々と死んでいく。
    そして、凶悪な連続殺人犯の魔の手は、マカヴォイに、またレイチェルにまで伸びてくる――。

    「アメリカの犯罪小説の巨匠による新作ミステリーは、クライマックスに向かって突進し、あなたを心から感動させるだろう……優れた作家であるコナリーは、読者が悲鳴を上げそうになるくらい緊張感を高めていく。あらたなマカヴォイ/ウォリング・シリーズの到来を予感させる見事な作品である」
    ――ピーターボロ・テレグラフ紙(英国) アレックス・ゴードン

  • (上巻より)

    DNA分析をしている研究所から、
    特定のDNAの持つ女性の情報を
    「インセル」たちに提供していたというところは、
    かなりおぞましい設定だが、面白かった。

    ただ、最後に犯人が死んでしまい、
    どんな男だったかがわからずじまいなところは、
    消化不良。

    マカヴォイは私立探偵となって、
    シリーズ化されるのだろうか。

  • レイチェルから協力を断られたマカヴォイは、ニュース・サイトの同僚と協力して事件を追う。
    被害者と同じ状態で亡くなっている複数の女性を調べた彼は、彼女たちには他にも共通点があることを掴む。それはある会社に自分のDNA分析を依頼しているということだった。
    マカヴォイはジャーナリストとして疑惑の会社を直撃するが、その壁は高く、さらに重要な情報に近づこうとするたびに、相手は次々と死んでいく。
    そして、凶悪な連続殺人犯の魔の手は、マカヴォイに、またレイチェルにまで伸びてくる――。

    今日的なテーマをベースに、相変わらず読ませます。初登場から29年、翻訳は34作、未訳は2作。作者の力量は一向に衰えません。これからも追いかけます。

  • マイクル・コナリー『警告(下)』講談社文庫。

    下巻の冒頭から連続殺人犯の百舌がいきなり事件の全貌に迫るかのような行動を見せ、上巻の少しダレた感じを一変するような面白い展開が始まる。しかし、まるで最初から複雑な迷路の出口を知っているかのように着実に事件の核心に迫るマカヴォイは、ちょっと出来過ぎのような感じもする。そして、消化不良の結末には唖然とするばかり。これまで上下巻を読むのに費やしてきた時間は何だったのか。

    レイチェルと共に事件の鍵を握る人物の家を訪れたマカヴォイはその人物が首吊り自殺に偽装され、死体となった姿を発見する。マカヴォイが事件の関係者に近付こうとする度に百舌は先回りして関係者を殺害し、ついに百舌の魔の手はマカヴォイとレイチェルにも近付く。

    なかなか見えて来ない百舌の正体……

    『ザ・ポエット』『スケアクロウ』に続くジャック・マカヴォイ・シリーズ第3弾。マイクル・コナリーの34作目の長編となる。『ザ・ポエット』ではマカヴォイが詩人と呼ばれる連続殺人犯と対決し、『スケアクロウ』では案山子と呼ばれる連続殺人犯と対決し、その過程でレイチェル・ウォーレスのFBI捜査官のキャリアを台無しにしてしまう。

    本作に登場する連続殺人犯は百舌と名乗り、ダーティ4と呼ばれる闇サイトでセックス依存症の女性を物色し、毒牙にかける卑劣な犯行を重ねる。女性を選定する手掛かりは民間の検査会社が集めたDNAなのだが、とうとうそんな時代が来たのかと思うと恐ろしくなる。

    定価990円
    ★★★

  • DNA怖いな。
    悪役が小物。

  • 終盤の逮捕劇が雑。fair warning が実在していてコナリーも所属してるのは驚いた。プライバシーポリシーをテーマにしている社会派の側面はいいと思った。。

  • 決着の付け方には多少不満だが、一気。

  • 2月28日読了。図書館。

  • ジャック・マカヴォイものは、ちょっと釈然としない感じを保ったまま、物語が終わったりする気がしますが、いかがでしょうか?

    驚いたのは、ジャック・マカヴォイが57歳であるという事。思ったよりも年を取っていた。冒険をするには、歳が行っているのでは?ジャーナリストだから、冒険を求めてしまうのでしょうかね?

  • マカヴォイはウェブニュースの記者、ネットを駆使して情報を集める。現代の記者はこうなんでしょう。

    「ディープスロート」が内部情報の通報者の一般名詞化しているのに気が付いた。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Michael Connelly:1956年生まれ。LAタイムズ元記者。代表作としてはボッシュ・シリーズ、リンカーン弁護士シリーズがあり、当代随一のストーリーテラー。

「2022年 『ダーク・アワーズ(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイクル・コナリーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×