ひゃくえむ。新装版(上) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.18
  • (14)
  • (11)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 220
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065274347

作品紹介・あらすじ

100mだけ誰よりも速ければ、どんな問題も解決する── ◇『チ。-地球の運動について-』の魚豊、“全力疾走”の連載デビュー作!! 「100m走」に魅せられた人間たちの、狂気と情熱の青春譚!!

少年トガシは生まれつき足が速かった。だから、100m走では全国1位だった。「友達」も「居場所」もすべて“それ”で手に入れた。しかし小6の夏、トガシは生まれて初めて敗北の恐怖を知った。そして同時に味わった、本気の高揚と昂奮を──。100全力疾走。時間にすれば数十秒。だがそこには、人生すべてを懸けるだけの、“熱”があった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 21冊目『ひゃくえむ。新装版 上』(魚豊 著、2022年3月、講談社)
    『チ。-地球の運動について-』で大ヒット作家となった魚豊先生の連載デビュー作。陸上競技の100m走に命を懸ける少年たちの物語である。
    週刊少年マガジン新人漫画賞で特別奨励賞を受賞した短編『100m』も同時収録されている。
    松本大洋のスポーツ漫画を思わせる狂気的な勝負の世界と、福本伸行の作品を思わせる熱いセリフが融合し、異常なまでの熱量を帯びている。
    しかし、物語の展開には少々鈍重な印象を受ける。

    「もちろん真剣で」

  • 仕事上の必要があり、新装版(上下巻)で読んだ。

    『チ。-地球の運動について-』でブレイクした魚豊 (うおと)の連載デビュー作だ。

    100メートル走に憑かれた者たちの群像劇を、小学生時代からの宿命のライバル2人を中心に描いている。

    ……と、骨子だけを取り出すとまるで王道少年マンガのようだが、読んでみれば、この初期作品のころからすでに、魚豊のマンガはすこぶる独創的である。
    「こんなスポーツマンガを初めて読んだ」――そう思わせるほどだ。

    『ジャンプ』的な「友情・努力・勝利」の物語とは異なり(当作の連載誌は『マガジンポケット』だが)、勝利を目指す中にある絶望や狂気までも描く。
    また、さまざまな努力の姿も描かれるが、努力の中にある虚しさまでも描く。

    走っている間の繊細な心理描写など、内面描写にかなりウエートが置かれているのも特徴である。

  • 目の前のことに「熱」を持ちたくなる。

  • 陸上に住む魔物と戦うはなし

  • 圧倒的なマンガ。唯一無二とは何か?自分とは何か?どういう人間か?才能とは?を考えさせられた。自分の職業的にも共感できる部分はあって、読むのしんどくなるところもあった。

  • 内容が走りきってる。
    Amazonなどで冒頭部分を読んで気になったら、ぜひ読み切ってほしい。
    決して絵が上手いタイプの作品じゃない、昨今話題になるようなタイプの話でもない。けど爆発的な芯というか、信念というか、作者の強いメッセージが全体から感じられてハラハラしてしまった。読めてよかった。

  • 胸が熱くなるのはなぜでしょう?
    努力がムダになるようであれば、私はいなくなります。

  • 面白かった!足が速いが大事な時代は確かにあった

  • 100mを速く走る。小学生でもわかる圧倒的に才能だ。
    生来の肉体に依る部分が多く、技術で補える部分は少ない。
    絶対に勝てない奴がいる。全く届かない背中がある。
    それでもなぜ走るのか??
    才能にアイデンティティを求め、しがみ付いても振り落とされ、諦める諦められないとグダグダして吹っ切れた先の何か。
    真摯に取り組んだものがある人しか辿り付けない境地だろう。

  • 10秒に賭ける青春漫画。人より0.01秒だけ速ければ良い世界。キーワードは「熱」。ただ足が速いだけで全て解決していたトガシが小宮に仁神に財津に海棠に出会い熱を帯びていく。

    財津の「浅く考えろ 世の中舐めろ 保身に走るな 勝っても攻めろ」が好きだった。

    オンユアマークス セット パンッ
    臨場感、緊迫感のあるコマ割りや絵がサイコウ

    作者の他の作品「チ。」も気になります

全11件中 1 - 10件を表示

魚豊の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×