君と宇宙を歩くために(1) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.70
  • (53)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 476
感想 : 24
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065334874

作品紹介・あらすじ

勉強もバイトも続かないドロップアウトぎみなヤンキーの小林。ある日彼のクラスに変わり者の宇野が転校してくる。小林が先輩から怪しいバイトに誘われているところを宇野に助けられ、その出来事をきっかけに2人の距離は縮む。宇野のことを知れば知るほど彼の生き方に惹かれ、自分も変わろうと行動する小林だったが…。「普通」ができない正反対の2人がそれぞれ壁にぶつかりながらも楽しく生きるために奮闘する友情物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヤンキー高校生の小林のクラスに、変わり者の宇野が転校してきた。彼はたくさんのことを同時に行えなかったりと“普通”のことが苦手。それでも工夫して生活をする宇野を見て、小林は自分も変わろうと決意する。

    宇野の特性は明らかにあるものを示している。でも、その名前をあえて出さないことで、宇野というキャラや人柄が浮かび上がる工夫がよかった。テーマを宇野の特性にしないこと。境界線を引かず、それぞれの特性や生きづらさを公平に扱う描写が素敵だなと感じた。普通とそれ以外ではないんだよね。みんな生きづらくて、それぞれに悩みを抱えている。読者のぼくの苦しさにもやわらかく寄り添ってくれた気がした。

    宇野が自分の生きづらさを「宇宙に浮いているみたいです」と喩えて、しかもそこを歩きたいと言ったのが好き。ふわふわ浮いて自由にならない宇宙を歩くために、テザー(命綱)として行動を具体的に書いた手帳を持つ。そうすれば、宇宙船からははぐれない。この前向きさに心打たれた。

    「人と同じように生活するのにさ 工夫が必要な人もいるんだよね」

    これは宇野だけじゃない。彼のように行動のマニュアルを作ることで助かる人はたくさんいる。ぼくも不安障害で悩まされる日々が続いているけど、自分の思考にハマらないように自分ガイドブックを作ってみようかなと思った。宇野の工夫と、その努力に触れて自分も変わろうとする小林。不自由な宇宙を歩きたい!そういう前向きになれる力をくれる作品だよね。

    宇野に星のことを教えてもらった小林が「じゃあやっぱあの小せぇ点も 点じゃなくてデカい星だったんだなあ」と先生に伝えた後の言葉も印象深い。

    「一体どのくらいの人が『点だと思っていたものが点ではなかった』と気が付けるでしょう」

    地上から見る星は点として見える。それでも、その点の一つひとつは巨大な星で、個性があって、知れば知るほど面白いものなのだ。人間関係も星と同じ。お互いを知ること、お互いに語ること、点ではなく星だと知った時、それはかけがえのない宝物へと変わる。宇宙は無重力でも、人と人の間には引力があるのだから。

  • "苦手が多くて生きづらい"
    と感じるあなたに必要なのは
    無責任な「がんばれ」ではない。

    とにかく横にいてくれる少しの友人と、
    テザー(=命綱)があれば、
    あなたはやっていける。


    自分の手で子どもを守るだけじゃなくて、
    心強い命綱をたくさん持たせてやれる大人になりたい。

  • いやー、これはすごい。「マンガ大賞2024」大賞受賞も納得だ。
    作中ではあえて1度も明示されないのだが、明らかに発達障害である転校生・宇野と、軽度知的障害だと思われるヤンキー少年・小林の友情物語。泣ける。

    舞台が一昔前の平成に設定されているのは、「いまよりも発達障害に対する認知と理解が乏しかった時代」として描くためだと思う。

    つまり、宇野は障害を持っているのに、そのことが周囲にあまり理解されていない。
    一方、小林も知的障害が軽度であるからこそ、福祉の手が差し伸べられることもなく、普通の生徒たちの中にただ放置されている。

    重度障害者や難病患者のように「一目瞭然の弱者」ではないから、手が差し伸べられず放置されてしまう――そんな「わかりにくい生きづらさ」に焦点を当てたマンガなのだ。

    それは、大ベストセラーになった『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治著)が描いた問題でもある。

    「人と同じように生活するのにさ 工夫が必要な人もいるんだよね」
    ――宇野の姉が小林に言うそんな一言が印象的だ。それはもちろん宇野を指した言葉だが、小林は「俺もそうなのかな」と思う。

    異なる生きづらさと孤独感を抱えてきた2人の少年が出会い、少しずつ、互いが宇宙遊泳のテザー(命綱)のようなかけがえのない存在になっていく……そのプロセスが哀切だ。

    とくに、ヤンキー少年・小林の内面を繊細に描く手際が鮮やかである。
    凡百のヤンキーマンガでは、暴力行動にばかり焦点が当てられ、こんなふうに「ヤンキーの内面」が描かれることはなかった。

  • 以前、ダ・ヴィンチで紹介されていた時から気になっていた本。レビュー読んで、う〜ん、どうかなぁと購入を迷っていたら、2024マンガ大賞受賞とのことで、書店で平台展開されてたので、エイヤッと購入。

    早く買うんだった。とても良かった。
    久しぶりに、悲しくてではない涙を流して読んだ。
    小林くんは、ヤンキーだけどのび太くんの良いところ(静香ちゃんのパパが褒めたのび太くんの長所)を持っていると思う。

    携帯がガラケー?と思ったら、時代設定が平成なのですね。

    何となくだけど、実写化される気がする。

  • 心が温まる

    ヤンキー×真面目君
    みたいな構図って漫画でも小説でもドラマでもよく見るけど、やっぱり好き

    特に、バイトの件好きだった
    分からない事を、分からないままやってしまって叱られた経験、自分にもあるなぁとか
    安心して休憩入れない経験あったなぁとか、懐かしく思う気持ちと、こうすれば良かったのか…と過去を省みる事もできた

    宇野君が抱える心のモヤモヤを宇宙として表現されてるの、オシャレだし、分かりやすい

    宇野君が家まで泣くのを我慢してた所はもちろん泣いた

  • 周りと足並み揃えて生活することは、人によっては広くて何も分からない宇宙を歩くのと同じで、そこから逃げることなく自分なりに努力して周りに迷惑かけないで生きようとしてる宇野くんに勇気を貰いました。
    2024年のマンガ大賞に選ばれたけどとても納得がいく作品。
    多くの人の人生をいい方向に変えられる作品が生まれた気がした。

  • なぜだろう、あえて時代設定が平成であることを明言する作者に信頼感。
    ファインラインを上手に捌いて、かつ温かさを失わないストーリーテリング、宇野くんの家族もちゃんと機能していることを感じられる安心感。
    見守っていけたら。

    マンガ大賞ノミネートおめでとうございます。

  • 「生きづらさ」と向き合う、克服する、共存して生きていく。高校生という多感な時期に、各々が違う「生きづらさ」を持つ系統の違う2人が友情を深めていく。

    良作になる予感。

  • 生きづらさ。グレーゾーンの人たち。たぶんわたしもグレーなんだと思う。。染みて痛いな。

  • ひさびさの大型新人です。

    今の人はすごいね。
    新人なのに、完成度の高いことといったら!


    ある高校に転校生がやってきますが、彼はどうやら発達障害系の人らしく、声の音量の調節もできず、うまく受け答えもできないので、あっという間にクラスから浮きます。
    でもその子を見て主人公はショックを受けます。
    彼はミスばかりするのでバイトが続かない子です。みんなができることがなぜ自分はできないんだ、と思うと悲しいし恥ずかしいしみじめな気持ちになってやめてしまうわけですね。
    で、みんなにそれがバレるのがイヤで、わざとふてくされたり授業中寝てたりして自分をごまかしてたのですが、ようやく高2になって(大きくなって)自分は頭が悪いんだ、ということに自力で気がついたところだった。


    で、その転校生がめげずにひたすら前向きでいろんなこと忘れちゃうから、とせっせとノートにメモしてるのを見て、あれっ?と思うわけです。
    そうして自分も真似してみる。
    バイト先で勇気を振り絞って、ここ、わからないんで教えてください、といってみた。
    そうしたら、教えてもらえてできるようになったんですよ……。


    この店長さん、いい人です。賢くて、有能。
    いまネットで話題になってるんですが、ずっと売れるマンガだと思う。




    でも私が、密かにショックを受けたのは、この子が小学生の時に、気がついてくれる先生はいなかったんだな、ということです。


    この子はプライドのためにヤンキーのフリしてるけど、ホントは素直でいい子です。感性も豊か。だから友だちだってちゃんといる。
    だから小学生の時に適切にフォローしてもらえていれば、こんなに苦しむことはなかったと思うんだよね。


    17歳は男子が覚醒する年です。
    そうして彼は転校してきた子を鏡のように見て覚醒できた。
    でもそれまで!
    先生は誰も助けてくれなかったんだな〜、と思うと、とても切ない。


    教師と子どもに関わっている大人は、読むべきマンガです。
    これと
    「僕らには僕らの言葉がある」
    はーー。

    2024/01/24 更新

全24件中 1 - 10件を表示

泥ノ田犬彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×