TRANSIT 62号 ジョージア・アルメニア・アゼルバイジャン コーカサスが呼んでいる! (講談社 Mook(J))

制作 : ユーフォリアファクトリー 
  • ユーフォリアファクトリー
4.20
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065340387

作品紹介・あらすじ

パスタやピッツァなどの美食に、煌びやかなファッション、ローマやルネサンスなどの歴史に、美しき地中海やアルプス……。その黒海とカスピ海の間に東西に延びる、カフカス山脈周辺に広がるジョージア、アルメニア、アゼルバイジャン。雄大な自然に囲まれ、ユーラシア大陸で最古の人類の里ともいわれるコーカサス地域は、かつてはシルクロードの交差点として文化や宗教が行き交ったロマン溢れる地です。そして、1991年のソ連崩壊後に独立を果たした3国は、ひとくくりにされることもありますが、言語の異なる多様な民族が存在し、地域ごとに魅力的な文化が残されています。温暖な気候からワインも食文化も豊かで古くから保養地として人気だったジョージア、IT先進国でありながら世界最古のキリスト教国として歴史ある修道院が点在するアルメニアに、カスピ海の石油開発によって急速な発展がつづくアゼルバイジャン。ロマンと神秘に満ちた、いま世界でもっとも注目を集めるコーカサス地方を旅します。【現地取材記事】・ジョージアの光 古くから人びとに親しまれている温泉文化から、トビリシの若者最新カルチャーまで・8000年つづくワインと食 紀元前から伝わるクヴェヴリというワイン製法と食文化を訪ねる・コーカサスの山の民 ジョージア北西部の山間で、伝統家屋や文化を守るスヴァネティの生活・伝説のエデンの園を探してアルメニア アララト渓谷、ゲハルト修道院等の世界遺産 他・アゼルバイジャンのニューライフ 「第二のドバイ」と呼ばれる首都バクーの若者たちの暮らしなど【特集企画】・What’s コーカサス コーカサス地域の基礎知識。地形や自然、文化風習など・ミステリアス・カルチャー ニコ・ピロスマニやパラジャーノフから、新世代のアーティストまで・コーカサス美食大全 ワインMAP、パン、スープ、煮込み料理、グリル・かわいいコーカサスの手仕事図鑑 絨毯、キリム、スマック織、木工、陶器・コーカサスの未来 ロシアとの関係、ナゴルノ=カラバフ、3国の関係【付録】ジョージア・トラベルガイドMAP !・首都トビリシガイド&MAP ・魅力的な街・村ガイド(スポット情報)・雑貨、民藝品などの名産品 など

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 南コーカサス3国の魅力のほかに、北コーカサスの政治状況や、ナゴルノ・カラバフ問題についての解説もあり、多層的に理解できた。風景がうつくしいのが良き。そしてオレンジワインに興味が…

  • すごく興味が沸いた本。
    この三国周遊をできるのはいつの日か。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

TRANSITとは? 
世界のさまざまな風景やファッション、食、音楽などの文化を、“旅”というフィルターを通して紹介するトラベル・カルチャー・マガジン。現地の空気感を伝える美しい写真と文章により、世界を見つめる新たな視点を提案しつづけます。




「2023年 『TRANSIT 60号 メキシコ マジカルな旅をしよう!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ショーン・タン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×