きみの横顔を見ていた(3) (講談社コミックス別冊フレンド)

  • 講談社
4.83
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065346426

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 麻里が上手くいかなくて松平先生に泣きつくところから。

    麻里は恋をしてるとは思うけど、成就させたい訳でもなくて、ただ自分を認めてくれた、才能というか良いところを見つけてくれた人として松平先生は特別な人であり続けるんだろうなぁと思いました。

    朝霧編でも先生はいい仕事してますね。
    まだ若いだろうに、しっかりしてるなぁ。まぁ生徒達よりは経験もあるしね。
    彼女とやり取りしてるところは「先生」ではなかったな。

    朝霧が光を好きなんだろうことは分かっていたけど、飛び込みをやってたとか母親に振り向いてもらえなかった心の傷とか色々重かった。
    父親は何してるんだろう…
    生活力なさそうで頼りない感じだったけど。
    父親の前ではしっかり者になる朝霧も、教室でのキャラとも違うんだよなーと思ったりしました。

    朝霧の告白は光に伝わってるのか?
    今後はどうなるのかなー
    楽しみです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

3月8日生まれ。うお座。B型。「あたしの家にはテレビがない。」で、第41回別フレ新人まんが大賞佳作受賞。KC『きみはかわいい女の子』(全13巻)、『サイレント・キス』(全2巻)、『ふたりのテーブル』(全2巻)発売中! 

「2023年 『きみの横顔を見ていた(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いちのへ瑠美の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×