税金で買った本(11) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
4.37
  • (23)
  • (17)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 324
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065355893

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミカルとシリアスの融合。
    石平と石田衣良のとこは「ホントだー!」
    レファレンスサービスは謎解きですねー
    お父さんとの和解。
    良かった

  • 今までのような図書館あるあるな話ではなく、石平少年の出生にまつわる話が中心で、意外な展開に驚いた。
    石平少年が「知りたい気持ち」に貪欲なのって、親が「調べる」方法や環境を用意してくれていたからなんだなぁ。そして石平少年は、それをちゃんと吸収して成長してきたんだなぁと思うと感動する。

    読書感想文コンクールのマークに注目したことがなかったけど、そんな意味があったのか!と今回も新たな発見が多々あった。

    完全に余談だけど、石平少年の名前の由来が「石田衣良」ということに初めて気づきました…。(1巻から読み続けていたのに、今更知った。)

  • 読書感想文のマークを調べるなかで石平君の過去が明かされる。重い過去と向き合った結果、たどり着いた読書感想文の本当の意味と幼い頃の記憶、そして父親との対話。いい話でした。

  • やすやすと前の巻を超えてくるあたり、本当に尊敬できる作家だ「ずいの&系山冏」

  • お父さんとの再会泣けました

  • 【請求記号:015 ズ 11】

全6件中 1 - 6件を表示

ずいのの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
雨穴
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×