ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

制作 : ピーター・レイノルズ  なかがわ ちひろ 
  • 主婦の友社
4.24
  • (241)
  • (110)
  • (92)
  • (10)
  • (6)
本棚登録 : 1241
レビュー : 236
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784072559932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これまでの自分を子供に置き換えて、
    将来の自分を母親に置き換えて
    何度も読み返したくなります。

    「かなしいしらせに みみをふさぎたくなる」
    ような日もありました。
    そんなときに支えてくれたのは他でもない母でした。

    今月で二十歳になりますが、
    どんなに大人ぶってみても
    私はいつまでも母の娘であり続けるんだろうなあと思いました。
    そんな当たり前のことを思い出させてくれる大切な本です。

    こんなに強く子を思う母性というものに
    勝る力はないように感じます。

  • 頂いた本。お腹の中にいるときに読み聞かせして号泣。不安と喜びが優しい言葉でつづられています。いつまでも手元に置いておきたい本。

  • お子さんが産まれた人や誕生日プレゼントに私が贈る絵本です。

    誰もがかけがえのない存在です。
    すべての人が輝いています。

    それを無償の愛で信じてくれる存在に親がいます。
    普段はお互いになかなか素直になれないものですが、この絵本を読んで本当の気持ちを思い出して欲しいと思います。

  • 最初に読んで涙し、2回めは号泣し、以降は読むたびにグッとくる。娘も号泣。親の想いがわかってくれて嬉しい。

  • こどもに読み聞かせながら、自分の母を想う。
    長女は「なんか、寂しい気持ちになる。なんでだろ。ママは?」とのこと。「ママはあたたかい気持ちだよ」との返答に納得した様子で笑顔に。
    でも、実のところ、あなたが私から巣立っていくことを想うのはやはり寂しい。

  • 親になった人がその赤ちゃんを大事に思うことで、自分を大事に育ててくれた親への感謝も認識できる絵本です。
    字はとても少ないですが、強いメッセージがあります。
    本を読んで1ページ目泣いたのは初めてです。読む時期にもよると思いますが、とても良い本です!!

  • 立ち読み。
    大人向けの絵本。
    母はわたしが生まれたとき、こんな風に感じてくれていたのだろうか。
    母となった友人たちはこんな風な思いを日々かみしめているのだろうか。
    いつか、自分もこんな風に感じる日がくるのだろうか。

    立ち読みで泣きそうになった。笑

  • わたしの小さな子。
    あなたがその一生を終えるころには、私はすでにこの世にはいない。
    あなたが生まれる瞬間からいっしょにいたけれど、
    どこかで私は先に旅立つから。

    人間には必ず母がいる。私も母になれた。
    誕生、成長、自立…終末。
    目の前の小さな子の遥かな人生を想うと、私は、その子を抱きながらでなくてはこの本が読めません。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「目の前の小さな子の遥かな人生を想う」
      この絵本を見ていると、母と子の在り方が判って素敵です、、、男の私でも、想像出来るんですから!
      「目の前の小さな子の遥かな人生を想う」
      この絵本を見ていると、母と子の在り方が判って素敵です、、、男の私でも、想像出来るんですから!
      2013/04/24
  • やさしいやさしい絵本。
    絵も文もすべてやさしい。

  • お母さんの娘への気持ちってこんな感じなのかな。温かく揺れる気持ちがやさしく伝わってくる絵本。この絵本をお母さんにプレゼントした和美ちゃんの人柄も相まって、何度読んでも胸にこみあげてくるものがある。大切に大切に守られてきたこの命、大切にしていかなくちゃな。

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
なかの ひろたか
エリック=カール
A.トルストイ
モーリス・センダ...
かがくい ひろし
湯本 香樹実
酒井 駒子
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする