赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)

著者 :
  • 主婦の友社
3.68
  • (15)
  • (29)
  • (31)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 294
感想 : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784072568866

作品紹介・あらすじ

0〜4才・脳が育つこの時期にやってあげられるのは親だけです。赤ちゃんの発達に合わせてちょうどいい時期にふさわしい刺激を!手、運動、感覚、社会性、知能…各分野の脳を、バランスよく鍛えます。早くできることより一つ一つ段階を追って基礎をしっかり身につけましょう。じょうずにできたら必ずほめてあげましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 月齢別に分かれて、実践方法が書いてあります。
    もっと早くに読めば良かった。
    家でできることがたくさん載ってます。

  • カヨコおばあちゃんが好きで買いました。

    本のいくつかの部分は昔ながらの子育てに通じるところもあると感じました。
    きっと昔は赤ちゃんは今みたいに親が気にしていなくても、
    沢山の家族や刺激に囲まれ、自然と体を沢山動かし、して育っていたんじゃないのかなと。

    今は親が意識的に赤ちゃんに働きかけないと、
    発達段階に遅れや影響を与えてしまうこともある時代です。
    しかし、子どもの発達はきっと、親が沢山抱っこして、
    子どもに関心をよせて毎日接していれば十分に進んでいくものとも思います。

    親が適切な知識を持つことは必要だと思います。
    脳科学的見地から、いろいろな脳や体への効果的な刺激の与え方が書いてあり、より一層の発達を促すためのあそびなどが沢山あり、とてもためになりました。

  • 図書館で借りた本。
    ●内容
    久保田式の子育てのメソッド
    月齢別にどんなことに興味を持つか、どんな遊びが向いているかが書かれている。


    他の本で久保田夫妻の著作物を読んでいて、久保田式は知っていたが、こちらの本のほうがわかりやすく、また、クセが強くなくて良い。

  • 1歳過ぎてから手に取った本ですが、0歳のうちでもできることはこんなにあったんだと知りました。
    すごく勉強になりました。実践していきたいと思います。

  • わかりやすく、実践的。これやってみよう、と思えるし簡単。

  • 育児のメソッドが数々ある事がわかった。

    理想を言えばキリがないけど、自分の家族がどうしたいのかということと、何が出来るかが実施判断基準だと思う。

  • 久保田式ノウハウが写真になっていて、すごくわかりやすい!
    他の本も読んだけど、いまいちイメージがもてなくて、
    これを読んでやっぱりビジュアルって大事と思った。

    図書館で借りたけど、買ってじっくり読む&実践したいと思う。

  • 脳科学かどうかはさておき、子育ての参考にはなる。主婦の友社から出てる本と内容は大して変わらない。両方買って後悔した。通販は立ち読みできないから、もっと調べておけば良かった。

  • もうちょっと早くからやってあげればよかった
    だいぶ前から知っていたのに残念
    これからでもよいからやってあげよう

  • 美浜:暮らし 0110964517: 599ク 09

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1932年大阪府生まれ。医学博士。京都大学名誉教授。
1957年に東京大学医学部を卒業後、同大学院に進み、3年目に米国のオレゴン州立医科大学に留学。大学院修了後は、京都大学霊長類研究所でサルの前頭葉の構造と機能の研究に従事。同教授、同研究所所長を歴任。1970年から前頭前野の研究をはじめ、図形認知や記憶に関わる視覚中枢を発見するなど、大脳における前頭前野研究の第一人者。

「2021年 『くぼた式 脳をきたえる パズル 100』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久保田競の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×