薬屋のひとりごと (Ray Books)

著者 : 日向夏
  • 主婦の友社 (2012年9月26日発売)
3.88
  • (18)
  • (24)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :147
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784072853795

薬屋のひとりごと (Ray Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このブクログでこの本の存在を知り、面白そうだなと思い読み始めました。

    帯に書かれた謳い文句も面白い。「なぁ、娘さん。呪いを解く薬を作ってくれよ」「私を処刑する場合、毒殺にしていただけませんか?」などなど、興味を惹かれる言葉が要所要所に出てくる。それに単行本で790円という値段もいい。実に良い(笑)この値段ならば他のライトノベル系の単行本より手を出しやすいのではないでしょうか?でも、この作品なら1260円出しても面白いと思います。

    主人公の猫猫(マオマオ)は薬草を探しに森に入った所を人攫いに合い、後宮に売り飛ばされそこで下女として働くことになる。そんな猫猫はある時、後宮で起こる赤ん坊の連続死の謎をこっそりと解決してしまい、そのことを美形の宦官・壬氏(ジンシ)に気づかれてしまう。後宮で権力を持つ壬氏は猫猫を皇帝の寵妃の侍女にする。毒見役として・・・

    猫猫の性格が面白いです。淡々としているように見えて自分の好きなものに対しては溢れんばかりの興味と愛情を見せています。壬氏も良いです。美形で腹黒。あの笑顔の裏でいろいろと画策してるんでしょうねwwそして、淡々とした猫猫が壬氏に接する時の態度も面白いです。話自体も読んでて飽きない。読みやすく、いろんな事件が起きるのでサクサク進みます。たまに漢字の読み方が分からなくなりますがそこは適当に読み進めても問題ありませんでした(笑)
    ラストに近づくにつれて変わっていく猫猫と壬氏の関係も良いです。2人のその後が知りたくてネットで検索したら続編というかスピンオフというか「蛇足編」というものを更新されていたので、そちらも楽しく読ませていただきました。これからも続きを楽しみにしています。本が出たら買うだろうなぁ。「詐騎士」とか好きな人はきっと好きな話だろうなぁと思いました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「壬氏も良いです。美形なのに腹黒ww」
      偏見入ってます!
      って、それは私か、、、(何となく面白そう)
      2013/02/13
  • 中国宮廷ドラマを見るようになったので、比較的世界観が想像しやすくて助かった。これはミステリーというよりは宮廷ラブコメディ(甘さ控え目)として読むのがいいかもしれない。薬、毒、宮廷の権力争い、どれも少し浅いけど、さらっと読むにはよかった。文庫は続きが出てるみたいなので、今度探してみよう。

  • 事件を、観察力と今までの経験、知識で解決していく主人公の姿が面白かったです。
    主人公の性格も少し変わっているので、次はなにをするのかと楽しめました。

  • 面白かったー!!一気読みしてしまった。世界観も好きだし、文章咎会話のテンポも好きな感じ。この人の本は初めて読んだけどいい人と出会えてよかったあ!!

  •  うむ。描写文が少ないんだけれども、そのぶんだけ物語がさくさく進む。
     ある意味プロットみたいになってるところが有り、勿体ないような気もする。しかし、猫猫の淡々とした性格を表しているようでもあり、テンポが良さもそれによって生まれているので、密度の濃い短編連作を読めたことに満足しよう。

     アニメ化に向いている作品のような気もするんだけれども、深夜枠でもない限りお子様には見せられませんよね……。

  • 携帯サイトに投稿されたものと借りてから知った。文章は軽いからさらっと読めるしきちんと落としどころがあって携帯小説とは思えない出来だなと個人的に感じたしけっこう好きだ。携帯小説を久しぶりに面白いと感じました。

  • 最初に目次を見たら章が沢山分けられていて、短編集なのかと思いました。
    軽い感じにすらすらと読めて、とても読みやすい文章。

    続きが気になる、続きが出てほしいと思える作品です。
    猫猫と壬氏のその後や、結局明かされない壬氏素性等が気になります。

  • 散々な妄想をしてきた猫猫がどんな驚き方をするのか、見たかったナ。
    もう少し知りたいと思わせる、そんな心憎い構成。

    今後も苦労するであろう壬氏の
    続きが読みたいな。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3327.html

  • 小説家になろうサイトで好きだった薬屋をつい購入。加筆分は少ないながら纏まっている。今読むと少々読者への情報を隠し過ぎかな?あと壬氏の素性については不明のままのようです。続きが読みたい小説の上位。

  • 人さらいにさらわれて、後宮へいれられた薬師・猫猫(マオマオ)。毒の知識と冷静さで日々をやり過ごす姿が笑いをさそう。現代で言う理系女子?

    熊本県立大学:トルコ石

    • librarylovers13さん
      猫猫の頭の良さに感服!こんな娘に出会ったことない。だからすごく面白かったし楽しかった。
      あと、学力は身をたすくを体現している!
      私も勉強頑張ろうかなって気になれた!
      ミステリーも読みたくてキュンってしたくて勉強も頑張りたい子にオススメ!

      熊本県立大学:でるたん
      2013/11/11
全31件中 1 - 10件を表示

日向夏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

薬屋のひとりごと (Ray Books)に関連する談話室の質問

ツイートする