ふとらないお菓子レシピ―ぜ~んぶ身近で手に入る材料だけを使っています! (主婦の友生活シリーズ)

著者 :
  • 主婦の友社
4.38
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784072855348

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本ではラカントSでつくっておられますが、コスト的にきびしく、わたしはエリスリトールでつくりはじめました。スポンジケーキはとってもおいしく、ただいまチーズケーキやマーブルもチャレンジしています・なう☆

    追記・13 April 2015
    エリスリトールはパパにはお医者さまからアウトの指示がありましたので、ラカントよりコスト的に東京スカイツリーですが、なにより先生の指示はきちんと守りたいです。和三盆でこれからチャレンジしてゆきます☆

  • 糖質オフ・・・基本的に甘味料はラカント、小麦粉の代わりにアーモンドプードルを使用したレシピです。実際に作ってみて、スポンジケーキの仕上がりには感動しました。糖尿など、糖質を気にしなければならない家人を抱えている方には特におススメ。

  • 糖質オフのスイーツのレシピ本では、もう1冊より断然こっちが好き!
    手に入りやすい材料で、簡単にスイーツが作れます。
    (ふすまはこの本では出てきません)

    しかもどれも美味しいですよ~。

    この本さえあれば、スイーツ命の私だって、苦しむことなく
    糖質オフ生活を楽しめます。

    ただ、美味しいから、食べ過ぎ注意報出てるんだけどね…。

    本書への愛はブログに書きましたので♪
    http://ameblo.jp/beautynotes/entry-11480846433.html

  • 表紙が「健康系レシピ本」ぽくなくてかわいい。

    なかみは「○○に似たものがここまで似せてつくれます」という感じだけど、実験みたいにやってみるのは楽しいかもしれない。

    「身近で手に入る材料だけ」と書いてあるけれど、すでに糖質オフの知識があって日頃お菓子作りをする人 —おからパウダーだの大豆粉だのに馴染みがある人— にとってはかえって面倒くさい&味に疑問が出るかも。「身近で手に入る」とされず除外された材料使えばもっと食べやすくなるんじゃなかろうか……と。

    まったく初めて糖質量を意識したお菓子作りをする人にはよさそうです。

    マドレーヌはおいしかった。

  • 実際作ってみて美味しかったら星追加します。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

石澤 清美 Kiyomi Ishizawa

料理研究家。国際中医師、国際中医薬膳師、ハーバルセラピスト。雑誌、書籍、テレビなどで活躍するほか、食品会社の商品開発なども手がけている。毎日のおかずから、保存食、お菓子やパンまでレパートリーは幅広く、豊富なアイディアから生まれた作りやすいレシピが魅力。
近著に『ちょっと不調を感じたときのスープとドリンク』(誠文堂新光社)、『寒天レシピ』(主婦の友社)、『小さな鍋で絶品おかず』(家の光協会)、『糖質オフの持ち歩き菓子』(主婦の友社)、『知識ゼロからの甘酒入門』(幻冬舎)など多数。

HP https://www.kiyomi-ishizawa.com

「2019年 『【マイナビ文庫】野菜のポタージュ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石澤清美の作品

ツイートする