10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ ―会議中でも、電車の中でも即、筋トレ !

著者 :
  • 主婦の友社
2.50
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 87
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784074026906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 根拠が乏しく精神論に見えるものはいや。

  • フォトリーディング&高速リーディング。大量回転は必要なしと判断。

    とても面白かった。特に筋肉ホルモンについては、私の読んだ他の船瀬氏の本には載っていない初耳情報。

    脂溶性読は脳まで達する。

    北欧のオフィスには立ち机が導入されている。
    立って仕事をすると効率が良くなる。

    筋肉ホルモン、マイオカインの効力。健康と脳への効果。

    圧迫骨折。老人の腰が曲がるのは筋力低下による圧迫骨折。食べ物の生ではなく、筋力維持しなかった生。老人こそ筋トレをするべき。

    ドーパミンは感動のホルモン。筋肉を動かしたり運動をするとでる。

    ほんの少しだけでも能力を出し切る運動や筋力の使い方をすると、脳への多大な効果がある。

    筋肉力こそ幸福力。

  • 自分の感覚としては、筋トレがストレスに効くのだけは間違いないと思う。

  • とにかく筋トレはいい。
    それしかわからなかった。

  • 筋トレの大切さを知ってモチベーションを上げる上で読んでみた。ただ内容的に特に新しい知見なし。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1950年、福岡県生まれ。九州大学理学部を経て、早稲田大学文学部、社会学科卒業。 日本消費者連盟スタッフとして活動の後、1985年、独立。 以来、消費・環境問題を中心に執筆、評論、講演活動を行う。 主なテーマは「衣・食・住」から文明批評にまで及ぶ。有為の同志を募り、月に一度、 「船瀬塾」主宰。未来創生の端緒として、「新医学宣言」を提唱、多くの人々の参加を呼びかけている。 医事評論家。

「2019年 『なぜ中国は認知症に「音響チェア」を導入したのか?――「波動医学」の新しい夜明け』 で使われていた紹介文から引用しています。」

10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ ―会議中でも、電車の中でも即、筋トレ !のその他の作品

船瀬俊介の作品

10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ ―会議中でも、電車の中でも即、筋トレ !を本棚に登録しているひと

ツイートする