コレクション 戦争×文学 10 オキュパイド ジャパン

  • 集英社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (704ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784081570102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 野坂昭如著『あゝ日本大疥癬』は空腹のあまりDDTを食べようとするシーンで始まるのだが、可笑しさのなかに戦争がもたらした悲劇を見事に描いていて、野坂氏のひとに対する優しさの深さは測り知れない。田中小実昌著『ミミのこと』も氏の優しさが感じられる素敵な作品だ。大原富枝著『こだまとの対話』ではスパイ容疑の原住民を海に投げ捨てた罪の意識を背負って生きてきた男たちの悲しみを描いている。特に、最後のシーンが印象的であった。

  • 和図書 918.6/Ko79/10
    資料ID 2012102468

全2件中 1 - 2件を表示

志賀直哉ほかの作品

ツイートする