ダンテ・神曲 煉獄篇 定本

  • 集英社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784081601028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カトリックは煉獄を認めますが、プロテスタントは煉獄の存在を認めないそうです。面白いですね。

  • ダンテを知らずして天国も地獄も語れない。

  • 天国編は断念。どうやら私にはベアトリーチェとは縁が無いらしい。死んだらおとなしくウェルギリウスの講義を聞こう。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

一二六五年、フィレンツェ生まれ。中世最大の詩人の一人であり、作家、政治家でもあった。一三二一年、ラヴェンナで没。著書に、『神曲』、『新生』、『俗語論』、『帝政論』(本書)などがある。 一九四五年、横浜市生まれ。東京大学法学部卒。東京大学助手、立教大学教授等を経て、立教大学名誉教授。専門は法哲学・法思想史。 著書に、『合理的選択と契約』(弘文堂)、『法哲学』(木鐸社)、訳書に、『王の二つの身体』(E・H・カントローヴィチ著、平凡社/ちくま学芸文庫)、『皇帝フリードリヒ二世』(同、中央公論新社)などがある。

「2018年 『帝政論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダンテ・アリギエーリの作品

ダンテ・神曲 煉獄篇 定本を本棚に登録しているひと

ツイートする
×