学習漫画 世界の伝記 NEXT 宮沢賢治 銀河鉄道で星空を旅したファンタジー作家

著者 :
制作 : 柊 ゆたか  齋藤 孝 
  • 集英社
3.79
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784082400477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [墨田区図書館]

    図書館で見つけたマンガの伝記シリーズ。絵が今どきで読みやすそうだし、内容次第ではよさそう、と借りてきてみた。

    読ませてみる前に少しは覚えているかと何をした人か聞いてみると、、、医者?とかわけのわからんちん。あげくの果てには、「七田」の答え。もー、、、人の名前の響きぐらいは覚えているのかもだけど、名前に紐づくイメージが全く残ってないんだなー、とがっくり。

    読み終えて再度聞くと、「銀河鉄道の夜」などいくつか知ってる話が出てきたことは言えても、職業は?に対して、「作家」という答えは出ず。おーい、しっかりしてくれ。しかも他の代表作の名前がなかなか出てこない。どこかに作品年表的なものがあるだろうと、最後人物年表内に書かれた作品等を読み上げさせるために、「」内の言葉を読み上げさせて終わった。

    「銀河鉄道の夜」だけ?が出てきたのは、本文中にもとの話が引き合いに出されたからだろうな、きっと。表紙&裏表紙裏に書かれた「宮沢賢治の脳内マップ」など、多少読みづらいし多くの子どもには流し見どころか無視されてしまうのかもしれず、本文内容としてはイマイチに感じてしまったけれど、新視点のまとめなどもあって面白かった。このシリーズ、探して読んでみようかな。

  • 漫画だけどちゃんと読んだから(笑)

    絵がかわいくてわりやすくてよかった
    知ってると思ってたけど
    知らないことが多かった

    いいひとすぎて泣ける

  • 2012年読了

  • 銀河鉄道の夜を描いた宮沢賢治は質屋の子供でした。宮沢賢治の話はあまり読んだことがないので、知りませんが、主人公の名前が外国人ぽいのは知っています。機会があったら読んでみようかなと思います。

  • 宮沢賢治はいい作品を書いてくれた人なんだなってわかった。

  • 改めて宮沢賢治の偉大さを感じました。

    私が感動した点は、賢治が人の為に色々と努力、苦悩を繰り返し
    何とか皆の為に頑張っている所です。


    何かをやっては、違うと感じ、また新たに始める。

    その繰り返しなのかなぁ…。


    賢治の生い立ちなどを知って、以前よりも「雨ニモマケズ」の詩が心に響く気がします。


    ps.岩手山に行きたいと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

三上修平の作品

ツイートする