まどろみの木霊(エコー)―「花の探偵」綾杉咲哉 (コバルト文庫)

著者 :
  • 集英社
3.39
  • (4)
  • (4)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086000932

作品紹介・あらすじ

峻のクラスメイトの相羽が「おれは人を殺したのかもしれない」と衝撃の告白をする。昔描いたあじさいの絵を見て過去の記憶が甦ったらしい。咲哉と峻は、真相を確かめるため相羽の別荘へ行くが…(ベストフレンド)。旅行先で村祭りに行きあわせた咲哉と峻。だが、巫女役の女性が潔斎中に何者かに襲われる。峻は犯人を追うが…(谷間の白百合)。美少年探偵の痛快フローラル・ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 咲哉に寄りかかっただけで「とられた・・・!」ってショックを受ける峻・・・ね。咲哉に関しては過剰反応するのカワイイ。

  • なんだか咲哉が、あやしくてあやしくてしょうがないんですが…葵さんが言っていた言葉ではないですが、咲哉は「花の神」なのではにのでしょうかね?
    20051004:読了

全2件中 1 - 2件を表示

七穂美也子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×