マリア様がみてる 13 真夏の一ページ (コバルト文庫)

著者 :
制作 : ひびき 玲音 
  • 集英社
3.27
  • (40)
  • (47)
  • (337)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 889
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086002431

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏休みの薔薇ちゃんたちのあれやこれや。
    紅白黄、それぞれわちゃわちゃしてて可愛いものですね。同じ季節の話が読める幸せったら。
    20周年おめでとうございます。

  • 略してOK大作戦(仮)
    祥子さまの男嫌いってどんだけ……w
    ユキチくんはかわいい弟だなぁ。

    おじいさんと一緒
    タクヤ君の正体にビビった!なんたるオチ!油断してたわ~。今野さんほんとうまいわ~。

    黄薔薇☆絵日記
    いつもの令ちゃんと由乃さん。安定のCP。

    ムショーにマリみてが読みたくなって。ほんわかした、というかポワポワした雰囲気に癒されたいのかな。
    つわり期といい、しんどいときに心に沁みるシリーズ。そういうのって物語のもつ力だよね。

  • 読了、70点。

    **
    リリアン学園の学園祭を前に祥子の男性嫌いを何とかしようと画策する山百合会の面々を描く「略してOK大作戦(仮称)」、
    偶然乃梨子と彼女のボーイフレンドのタクヤ君のデートの情報を手に入れた新聞部の真美が待ち合わせ場所での張り込みを描いた「おじいさんと一緒」、他一編収録の短編集。
    **

    パラさし以降、祐巳と祥子の強くなった関係をきっちり描く「略して~」はなかなか面白い短編で、この辺りから祐巳の祥子様に対する強さがはっきりと現れてきているように感じます。

    「おじいさんと一緒」もこのシリーズでは珍しくミステリ風で今野さんはこういう風な短編を他にも何編か書いていらっしゃるので好きなのかなと想像してみたりもします。

    123ページの挿絵が好き。

  • やっぱり「タクヤくん」ってあの爺さんなわけ?
    え、ちょっと待って……。

    じゃあ「こうのしん」って言うのがあの若い子???
    ちょっと頭がこんがらがってきた。

    しかしマリア観音って一体←
    どちらかはっきりしてほしいわ。
    本当日本人って節操ないわね。

    正月してクリスマスしてるし・・・
    寺にもいけば神社にも行くし。
    宗教観があまりないのね

  • 2010/06/18.

  • 「略してOK大作戦(仮)」 祥子お姉さまの男嫌いを花寺学院の学園祭までに直そうと山百合会&花寺学院生徒会が企んだ。でもやっぱり祐巳ちゃんはお姉さま一番!なのである。「おじいさんと一緒」 新聞部のホープ山口真実ちゃんが白薔薇妹のデートをスクープしようと張り込みをした喫茶店には、なにやら事情を知るダンディなおじいさんがいた。 お相手タクヤ君とのデートを真実は記事にできるかな?「黄薔薇☆絵日記」 令ちゃんの日記は突っ込みどころ満載。 由乃って性格だんだん悪くなってるぞう。

  • 紅、黄、白とそれぞれの夏模様が収録されておりますが

    白薔薇さんちが一番おもしろかった。

    志村タクヤ君の正体がわかったときには、やられた!と思いました。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086002434/ieiriblog-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4086002434.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086002434/ieiriblog-22" target="_blank">マリア様がみてる―真夏の一ページ</a></div><div class="booklog-pub">今野 緒雪 / 集英社(2003/03)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:12,630位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086002434/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/myloverkaito/asin/4086002434" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • 「どうということのないおはなし」ばかりの短篇集。本編を愛している読者にとっては可愛らしい「小休止」といったところか。

  • 「涼風さつさつ」「特別でないただの一日」へのお披露目的な部分もある巻。本当に個人的な意見を言えば、MTFなキャラクターが出てくるのにただただビックリした巻。

マリア様がみてる 13 真夏の一ページ (コバルト文庫)のその他の作品

今野緒雪の作品

ツイートする