ちょー薔薇色の人生 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)

著者 :
制作 : 宮城 とおこ 
  • 集英社
3.66
  • (68)
  • (31)
  • (150)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 481
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086002561

作品紹介・あらすじ

魔族の英雄の異名を持つ少女・宝珠は、ぼろぼろの身体をした魔王サルドニュクスと対面する。予想外の魔王の行動に当惑する宝珠。一方、トードリア。ジオとダイヤの肉体がとじこめられた琥珀楡に集う、オニキス、サファイヤ、魔法使いたち。「世界の律がずれている…」リオ・アースは、子どもたちに笑いかけた。世界はまさに滅しようとしていた!子どもたち編、クライマックスへ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか人がいっぱい出てくる子供たち編最終巻、かつ最終回。
    魔王がかなりいい味出してる。

  • ちょーシリーズ最終巻。
    気持ち良い終わり方ですね!
    終わった瞬間、各自が自分の国にさっさと帰るのには驚きましたがー。
    でもささっと帰るってことは、またすぐ会える、てお互いが思ってるから出来るのかなーとか思いました。
    シリーズ一気読みしましたが、本当に悪い人がいなかった。
    皆それぞれ思いがあって、その思いのために行動して、その結果、世界崩壊の危機に陥りましたが;
    さて、魔王シリーズを集めるとしよう。

  • 子どもたち編第8巻&本編最終巻。
    表紙好きだーやっぱいいよねジオ&ダイヤ。きゅん。
    バロックヒートがおちゃめすぎるせいか、ガーカ・カーカカーセスが崇高な存在に見える。同じマジックマスターなのにね(笑)
    最後の最後で、ジオとサルドニュクス(サリタ)が和解してよかったな。二人には一生親友でいてほしいから。
    物足りない気もしますが、一応これでおしまい。

  • ちょーシリーズ「子どもたち編」
    『ちょー新世界より』
    『ちょー先生のお気に入り』
    『ちょー秋の祭典』
    『ちょー後宮からの逃走』
    『ちょー歓喜の歌』
    『ちょー戦争と平和』
    『ちょー英雄』
    『ちょー薔薇色のの人生』

    さらに7年後?くらいだったかな?
    主役が変わります。でも話はずっと続いてます。

  • 小6で出会って、終わったのが高校2年?
    長い長いお付き合いでした・・・・。
    野梨原さんの輝いた、綺麗で優しい文章がピッタリの素敵な作品でした。
    大好き。

  • コバルト文庫と言えばこれ!(私の中で)この独特の世界観がすごーく好きで、主人公はなんてったって波瀾万丈すぎる夫婦で家族!この時点でとってもツボです(笑)長編なのにダラダラしてなくて、一気に読める素敵な「ちょー」シリーズ。終わり方がすごく好きだな。  【全18冊冊+1冊/ファンブック2冊/スピンオフとして魔王シリーズ】

  • 2008年12月27日

    サルドニュクスの「少年のような笑顔」にやられました。

  • 最終巻(全19巻+外伝)

  • はじめて読んだシリーズものは多分これじゃないでしょうか。

  • 初めてハマったラノベ。笑いあり涙あり。父親としてジオラルドが子供たちを諭すシーンなんかはほんとうに。きゅんとくる。いい父親になりましたね。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。富士見L文庫での作品に「マルタ・サギーは探偵ですか?」シリーズ、「妖怪と小説家」などがある。

「2017年 『鳩子さんとあやかし暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちょー薔薇色の人生 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)のその他の作品

野梨原花南の作品

ツイートする