マリア様がみてる 22 未来の白地図 (コバルト文庫)

著者 :
制作 : ひびき 玲音 
  • 集英社
3.36
  • (46)
  • (46)
  • (250)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 791
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086007047

作品紹介・あらすじ

試験休み、祐巳に柏木から電話がかかってくる。瞳子が家を飛び出して、戻ってこないのだという!乃梨子や可南子など、心当たりに電話しようとする祐巳。しかし、捜すまでもなく瞳子は祐巳の家に現れる!近所で帰宅途中の祐麒と出会ったのだった。瞳子に家出の事情を訊けないでいる祐巳だったが…!祐巳と瞳子の関係に変化が…!?クリスマス・イブに何かが起こる、シリーズ最新刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最早ライトノベラーの嗜みとも言える本作、ようやくストーリーに進展が・・・なかったorz<br>
    なんと言いますか、直前!!<br>
    コイン崩しで、あと一押しでコインがガーッと落ちてくるまさにその時というかホントそんな感じ。ああ・・・。<br>
    <br>
    友人から聞いた「盾ロール」っていう最強の誤字(2回も出てきます)がある種見所かもしれない(ぇ

  • シリーズ第22巻

  • 試験休み、祐巳に柏木さんから電話がかかってくる。瞳子が家を飛び出して、戻ってこないのだという!乃梨子や可南子など、心当たりに電話しようとする祐巳。しかし、捜すまでもなく瞳子は祐巳の家に現れる。近所で帰宅途中の祐騏と出会ったのだった。瞳子に家出の事情を訊けないでいる祐巳だったが・・・!祐巳と瞳子の関係に変化ぎ・・・!?クリスマスイブに何かが起こる。

  • 祐巳さんが瞳子ちゃんにロザリオ差し出したーーー!
    結局断られたけど、これで妹確定でしょうなぁ

    それにしてもこの終わり方が消化不良!

  • 第22巻。家出をした瞳子ちゃん。その事情と、瞳子ちゃんが抱えるもの。
    祐巳は瞳子ちゃんに妹にならない?と申し出るのだけど・・・・・・

    振られてようやく祐巳は、妹なら瞳子がいいじゃなくて、妹は瞳子じゃなくちゃ駄目だって気づいた気がする。

    令と祥子の進路の話も出てきて、卒業が近づいているんだなと感じた。

  • しっかりと前巻の紅薔薇エピソードの続きとして始まるのに、
    対祥子問題を脇に置いたまま対瞳子問題へとシフトしてしまったような印象を受けた。

  • 祐巳は瞳子ちゃんに振られちゃったのか……。
    でも、あの二人は何となく上手くいくと思います。
    可南子ちゃんとよりは絶対上手くいくわ。

    志摩子と乃梨子ちゃんという雰囲気とは違うと思うけれど。

    そして祐巳よかったね、祥子さまはリリアンの女子大に行くって分かって。

  • なんか、もう、しつこいというか悪い意味で焦れったいというか…
    「もういいから、早くしてよっ!!」って言いたくなる(・ω・`)
    小説として、由乃さんと菜々ちゃんがいい感じに対して祐巳が早い話がしつこい。
    しかし、祥子と令のツーショットは本当においしかった。
    ごちそうさまって感じだ。これだけだと、★★★★★だ(笑)

    挿し絵の方は少しキャラの描き分けが雑かな?という印象。
    特に祥子が。

  • 予想の範囲内の内容。
    まあ、いきなり姉妹にはならんだろうとは誰だって思うよな。
    やっぱり、盾ロールルートなのか…
    志摩子さんは前巻の大笑いを完全スルーしてくれました。

  • 2010/08/03.

全35件中 1 - 10件を表示

マリア様がみてる 22 未来の白地図 (コバルト文庫)のその他の作品

今野緒雪の作品

マリア様がみてる 22 未来の白地図 (コバルト文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする