鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼 (コバルト文庫)

著者 :
制作 : 星野 和夏子 
  • 集英社
3.78
  • (12)
  • (20)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 169
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086014700

作品紹介・あらすじ

時は平安。幼い頃から不思議なものが見え、しかも好かれるという厄介な体質の少年・道冬は、陰陽師を目指して京の都にやってきた。ところが用意していた家は荒れ果てていて、その上付喪神や幽霊が出没するという、いわくつきの物件!従者の行近も困惑顔だ。さらに陰陽寮では安倍晴明の息子・吉昌に妙に気に入られ、他の陰陽師見習いたちから嫉妬されてしまい-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蟷ウ螳画凾莉」縺ョ髯ー髯ス蟶ォ繝「繝取眠繧キ繝ェ繝シ繧コ縲る擇逋ス縺?▲? 諢帙i縺励>莉伜蓑逾槭d繧ケ繧ア繝吶↑縺翫▲縺輔s蟷ス髴翫↑縺ゥ縲√%縺ョ莠コ縺ョ繧ウ繝ッ繧ォ繝ッ繧、繧、雜」蜻ウ蜈ィ髢九〒繧オ繧、繧ウ繝シ? 縺薙?讌ス縺励&縺ッ縲∝ケウ螳臥沿繧「繝?繝?繧コ繝輔ぃ繝溘Μ繝シ縺九?繝ウ繧ケ繧ソ繝シ繧コ縺具シ育ャ托シ峨?らカ壹″縺梧・ス縺励∩? 莉雁コヲ縺ッ諱ッ縺ョ髟キ縺?す繝ェ繝シ繧コ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺サ縺励>縺ェ縺ゅ?

  • 見習い陰陽師、道冬の
    初めのお話


    おうちのつくもがみたちが
    妙にかわいらしくてなごむ(笑)

    大満足の一冊

  • ひさしぶりに読み返してみたけどおもしろい! 親子でほっぺたぷにっ、はなにか意味合いあるのかもねwww

  • 【NDC(9)】 913.6
    【請求記号】 913.6/セ-1/1
    【登録番号】 1477
    【資料ID】 1001011477

  • 瀬川さんらしい陰陽道が絡んだ作品。
    しかし、毎回同じような切り口だと好きだけど飽きてくるな;

  • 秘めた力はあるようだけど、見習い陰陽師の「道冬」。

    都に出てきて陰陽寮に入ってみたけれど
    イジメにあって納戸に閉じ込められちゃった!!
    どうなる? 道冬!   がんばれ道冬!!



    スルッと、一気に読めました。
    追い詰められたときに発揮する「道冬」の”力”
    でも本人は覚えていない・・・   という、ありがちなパターンではあるけれど
    これからどんな受難に巻き込まれて行くのか 続きが気になります。

  • 本屋で
    「あ、陰陽師ものじゃん!」
    と思って衝動買い。

    バトルは少なかったけど
    個性的なつくも神や幽霊が出てきておもしろかったです。

    吉平様と吉昌様がイケメンって言う設定も良いね☆

  • 大好物の平安陰陽師もの。

  • えー。行近が好きです。謎の多そうな方ですが。
    こんな乱暴な安倍吉昌も珍しいのでは(笑)、と思わなくもないが、それはいいと思う。
    前のシリーズよりは、次が楽しみだと思える展開なので、次を待ちます。

  • 陰陽師ものの王道展開。主人公の物の怪に好かれる体質よりも、従者が抱えてそうな秘密が気になる。
    晴明さんバケモノ。河原の左大臣がおちゃめで和む。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。91年『闇に歌えば』でデビュー。
「ばけもの好む中将」、「暗夜鬼譚」シリーズ(ともに集英社文庫)、『怪奇編集部「トワイライト」』(集英社オレンジ文庫)など著作多数。

「2018年 『百鬼一歌 都大路の首なし武者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼 (コバルト文庫)のその他の作品

瀬川貴次の作品

鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼 (コバルト文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする