鬼舞 見習い陰陽師と橋姫の罠 (コバルト文庫)

著者 :
制作 : 星野 和夏子 
  • 集英社
3.81
  • (11)
  • (14)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 131
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086015028

作品紹介・あらすじ

時は平安。物の怪に好かれるという厄介な体質の少年・道冬は、陰陽師を目指して上京した。陰陽寮では、安倍晴明の息子・吉昌に妙に気に入られたせいで、他の陰陽師見習いから嫉妬されたりと前途多難な生活を送っていた。そんな中、宮中で女房たちが急に無気力になるという謎の病が流行り、陰陽寮に相談が舞い込んだ。原因を探るため、道冬は女装して潜入捜査をすることになり-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 髱「逋ス縺九▲縺滂シ 螻暮幕縺後∪繧薙∪縲後ラ繝ゥ繧ュ繝・繝ゥ縲阪〒縺励◆縺鯉シ育ャ托シ峨?よゥ句ァォ?晏精陦?鬯シ隱ャ縺ッ髱「逋ス縺??ゅ◎繧後↓縺励※繧ゅ?∫嶌螟峨o繧峨★莉伜蓑逾槭◆縺。縺後?∵?繧峨@縺上※蛛・豌励〒蜿ッ諢帙>?槭?

  • 突如宮中にて流行り始めた、無気力になってしまう病。
    その調査のため、何と女装する事に。

    幼馴染とも再開し、女装までさせられてのお仕事。
    しかし従者が一体何者なのか、気になる所です。
    あの人の息子は、本音で話せる人間が増えて
    よかったね? という状態。

    一体誰が『鬼』なのかと思いきや…。
    本命(?)は分かりやすかったです。
    むしろサブの方にびっくり、でしたが。
    結局、黒幕というか本命には
    一体何がでてくるのでしょう?
    途中までなら道案内できそうですけど
    きっとかなり奥、かと思われますし。

  • 道冬、女装して潜入調査!
    シリーズ2巻

  • 女童姿の道冬の愛らしいことwww そう言えば17歳だもんな、吉昌さま。

  • 罠というとなぁ。橋姫はもう少し突き詰めても良かったのでは?主人公の正体がちょっと匂わされるとこ面白い。従者もアヤシい!わかっててもワクワクしちゃうな。

  • 行近さんは何者で、道冬の父親は誰なのか、気になる。
    畳は健気ですね〜。

  • 【NDC(9)】 913.6
    【請求記号】 913.6/セ-1/2
    【登録番号】 11498
    【資料ID】 1001011498

  • 2冊目。内容は違うのに「闇に歌えば」を思い出すのは何故かしら。
    まったく話しは変わりますが、瀬川さんの「暗夜鬼譚」シリーズが懐かしいわぁ

  • 1巻がおもしろかったので2巻も買ってしまった。

    晴明様かっこいいね!!
    つか行近何者・・・・・・?

    続きが気になります。

  • 行近がますます謎の存在に、一体何者?道冬の素性も気になってきたし面白くなってきたかも。そして清明と吉平の会話はキラキラしてて何かいいなぁ。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。91年『闇に歌えば』でデビュー。
「ばけもの好む中将」、「暗夜鬼譚」シリーズ(ともに集英社文庫)、『怪奇編集部「トワイライト」』(集英社オレンジ文庫)など著作多数。

「2018年 『百鬼一歌 都大路の首なし武者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鬼舞 見習い陰陽師と橋姫の罠 (コバルト文庫)のその他の作品

瀬川貴次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする