鬼舞 見習い陰陽師と爛邪の香り (コバルト文庫)

著者 :
制作 : 星野 和夏子 
  • 集英社
3.87
  • (8)
  • (13)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 99
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086016131

作品紹介・あらすじ

安部晴明の二人の息子・吉平と吉昌に怪異を退ける術を習い始めた道冬。悪戦苦闘するその裏で、従者行近は偶然、過去の縁者・徳佐と遭遇してしまう。一方、暗躍する妖異たちの魔の手は、入内を控えた藤原氏の姫に及び、とある香を嗅いだ姫が正気を失い、周囲の者に襲いかかるという事件が起こった。相談は大陰陽師・安倍晴明へと持ちかけられ-!?大好評の平安陰陽絵巻、緊迫の新展開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもいっきり次巻に続く終わり方。謎は増える一方。

  • 蟷ウ螳画凾莉」縺ョ髯ー髯ス蟶ォ隕狗ソ偵>蟆大ケエ縺ョ諤ェ逡ー蟾サ縺崎セシ縺セ繧悟?髯コ隴壹す繝ェ繝シ繧コ隨ャ5蠑セ縲ょー代@荳ュ蠑帙∩豌怜袖縺九→諤昴▲縺溘¢縺ゥ縲∝キィ螟ァ繝医ヮ繧オ繝槭ぎ繧ィ繝ォ縺ョ蛛・豌励&縺ォ隨代>縺セ縺励◆縲ゅd縺」縺ア繧翫♀闌カ逶ョ縺ェ繝「繝弱ヮ繧ア縺檎エ?謨オ縲

  • 割りと重要なことが起きているのに、トノサマに癒されてしまうww 吉昌さまと康史は腹を割って話し合えば、割りと気が合いそうな気もしなくもない。

  • 【NDC(9)】 913.6
    【請求記号】 913.6/セ-1/5
    【登録番号】 1152
    【資料ID】 1001011512

  • 入内をひかえた藤原氏の姫が物の怪に憑かれた。
    またもや暗躍する茨木童子。
    自分の過去に怯える従者行近。
    道冬は自分の陰陽術がなかなか上達しないことにあせるばかりで。

  • トノサマガエルが妙に可愛い!
    人物にしても事件にしても、分からないことが増えてきた?
    続きが気になって仕方ないです。

  • 12年3月刊
    あいかわらず、さらっと読めて楽しい。
    キャラのやり取り、いきいきしてる様子が素敵。
    事件でみせてくタイプじゃないんだよね。姫の事件も結局黒幕はよくわかんないし。
    前回から出てるカエルちゃんのほうが印象的だな、事件よりも。
    しかし、平安時代のみやびな香りが登場してて、いつもよりは女子っぽさも加味されてました。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。91年『闇に歌えば』でデビュー。
「ばけもの好む中将」、「暗夜鬼譚」シリーズ(ともに集英社文庫)、『怪奇編集部「トワイライト」』(集英社オレンジ文庫)など著作多数。

「2018年 『百鬼一歌 都大路の首なし武者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鬼舞 見習い陰陽師と爛邪の香り (コバルト文庫)のその他の作品

瀬川貴次の作品

ツイートする