「銀の海 金の大地」イラスト集

著者 :
  • 集英社
3.70
  • (12)
  • (11)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086090575

作品紹介・あらすじ

『銀金』初のイラスト集誕生!甦る-愛と憎しみの物語。カラーイラスト48ページ。書き下ろし小説「羽衣の姫」収録。マンガ版銀金パロディ編。キャラクター設定表他。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 単行本に掲載されたイラスト群と書き下ろし小説のセットです。

  • ああ、この作品は、無理だと分かっていても、続きが読みたい。
    本当に大好きなシリーズです。
    新聞で訃報を見た時は、一瞬ボーゼンとなって、泣きました。

    何年も(確か7年くらい)、続編の佐保彦の章を待っていたんです。
    佐保彦と真秀のその後もだけど、このイラスト集掲載の短編を読むと、歌凝姫のことも気になります。

    例えば、風と共に去りぬ→スカーレット(別の作者が執筆)みたいな流れで、誰か実力のある人が、世界観を継いで、オマージュ作品を書いてくれないだろうか…なんて、淡い期待をしています。

    本編の文庫本は絶版な上に、読み込みすぎてボロボロ。なんとか電子書籍化もしてほしいです。
    そうなると、著作権の問題があるのかな。色々難しいですね。

  • 早く届かないかなぁ(^q^)

  • とても好きな作画さんだったので手に入ってとても良かったです。
    透明感のあるとても綺麗な絵です。

  • いやうっつくしーーーーー
    すげーよすげーよびびる

  • おまけ漫画がツボでした。

  • 飯田さんの原点!!
    大好き!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

氷室冴子(ひむろ さえこ)
1957年1月11日 - 2008年6月6日
北海道岩見沢市出身の作家。本名、碓井小恵子(うすい さえこ)。1980年代から1990年代にかけて集英社コバルト文庫を代表する看板作家だった。藤女子大学文学部国文学科在学中、第10回「小説ジュニア青春小説新人賞」へ「さようならアルルカン」を応募、佳作を受賞してデビュー。宝塚歌劇をモデルにしたコミック『ライジング!』原作者を経て、作家に専心。
以降多くの作品を手がけ、『なんて素敵にジャパネスク』シリーズ、『銀の海 金の大地』シリーズなどが代表作となる。『海がきこえる』は1993年にスタジオ・ジブリでアニメ化された。2008年6月6日、肺癌で逝去。

氷室冴子の作品

ツイートする
×