クララ白書 ぱーと2 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52D)

著者 :
制作 : 原田 治 
  • 集英社
3.98
  • (22)
  • (11)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :110
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086103893

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • その昔、お隣の席の子に薦められて読んだ本、なつかしっす。今でも読める!映画もあったなぁ、今更だけど見てみたいところです。

  • 札幌などを舞台とした作品です。

  •  クララ白書。その2。
     短編連作としては、全作の方が単体として面白い。

     恋愛編とでも言えばいいんだろうか。周囲のメンバーが相変わらず酷くて面白い。
     心根の綺麗な優しい人なんていうのは、実に都合のいいステレオタイプなんだなと思う。

  • 所在:実家

  • 好きな世界で困ってしまう。
    子供のときは、ここに出てくる「シフォンケーキ」というものがどんなケーキなのかを知らず、ただ漠然と「おいしそうだなぁ」と思っていたのを覚えています。
    大人になった今、シフォンケーキは私の大好物です。
    光太郎としーのの関係が好き。
    しーのが、光太郎との関係を聞かれたとき、「あれはおじんじゃない」と笑い飛ばすところが。
    昔は「中学生なのに、大学生の男友達がいるなんて、すごいなぁ。いいなぁ」とうらやましく思っていました。

  • クララ白書第2弾!

  • しーのの初デートに舎生の寄宿破り、クリスマスバザーに菊花転校の危機。シリーズ第二弾。

全7件中 1 - 7件を表示

氷室冴子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クララ白書 ぱーと2 (集英社文庫―コバルトシリーズ 52D)はこんな本です

ツイートする