シンデレラ迷宮 (集英社文庫―コバルト・シリーズ)

著者 :
  • 集英社
3.94
  • (52)
  • (32)
  • (56)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 279
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086105743

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆RDGを読んで無性に読みたくなり、実家から久々持ち帰り。◆ネガポジが反転したような白雪姫・白鳥の湖・眠り姫・ジェイン・エアの物語に夢中になったなぁ。「ジェイン・エア」を読んだのもこの本のおかげ。◆今読んでもヒロインの絶望の深さに胸がキュッとなる。内気でいることが是ではないのかもしれないと、自分に揺さぶりをかけた本。◆改めて読むと病的な心の弱さを表現する際、今では認識が変わっている精神疾患に例えている箇所多出。心を捉える力の強い本なのに再販されたり図書館に所蔵がないのはこのせい?残念。リライトしてまた書店や図書館の本棚に並んでほしい。

  • 「朝、目覚めたら、あたしの部屋とは似ても似つかぬやけに古びた館にいた。。。」主人公利根はそこで”ソーンフィールドの奥方“、”暁の国の王女“、”湖の国の舞姫“、”王妃”と出会う。読書好きの女の子なら1度は読んだはずの本の登場人物の陰の部分を描いた作品。物語の最後利根が現実と向き合う様がほっとする。

  • ♪あらすじ

    昔、どこかで会ったことがある物語の中の登場人物たち。
    でも、どうしてなの?
    みんな、不幸な顔をしている…。
    白雪姫とその継母の王妃、「白鳥の湖」のオディールとオデットなどが登場する迷宮の世界。

    ♪感想

    昔小学生の時に読んで、深い男女関係の機微が解らず、当時は全く面白くありませんでした。
    それでも心の片隅に魅力を感じていたのかもしれません。
    大人になって無性に読みたくなり、オークションで探して手に入れました。
    大人になった今、思ったより難しい本ではなくなっていたけれど、おとぎ話の主人公たちの恋愛の悩みがとても考えさせられます。
    とても切ないお話です。
    思いっきり私情が入りますが星5つです。

  • 再・・読。中学の時から大好きで、手元に置いてある一冊です。臆病で内気、ヒキコモリの愛情不足の少女が初めて心を許した人に失恋し、自分の大好きだった童話やモノガタリの登場人物の世界を歪め、記憶を失った形でその迷宮に閉じ込められる。それぞれ不幸な境遇の彼女たちと接していく中、自分の辛い気持ちも思い出していく…的な話?うまくまとめられないっorzピュアな感じがいいなぁ、と、たま~に読み返しては気持ちだけでも若返らせてます(^^;)

  • 中学一年生のときに初めて読み、
    それからことあるごとに読み返し、泣いた。
    この本と、一生添い遂げるだろうとまで思わせられた。

  • 多感な中学1年生のころに読みました.そのころの私には,大きな人生観の転換になりました.大人になってから読むと,また違った感想がありますが,やっぱり大好きな作品だなと思います.かつての私のような,自信のない女の子にオススメです.

  • いつかわたしも利根だった。そういう少女時代の痛みを氷室先生はよくお書きになるなあ。「シーラカンスの夢」が特にお気に入り。

  • 王妃、踊り子、姫君、女主人。
    ヒロインも含め、彼女達が望むことはたったひとつ。

    どうか《私》を愛してください。

  • この評価は、私の懐かしフィルターがなせる評価です。

    ほんと、夢中になって読んだなあ。今読んでもそれなりに面白い。
    これも、ラノベの走り。新井素子と氷室冴子は永遠の先駆者です。私の中で。

    でも、作品の中で、主人公が結構、女性はあんまり使わない、汚めの言葉を使ってるのが気になっちゃったんだよね。「~しちまった」とか。わざと?

  •  無茶苦茶な振れ幅の思春期の女の子を、氷室冴子は凄く丁寧に書いてくれる。
     今読めば「ああ、分かる分かる」と思えるんだけど、あの時期の混乱の只中にいた時は掴めない芯みたいのがある。
     閉じられた世界の中で必死に足掻くもどかしさ。その中で目覚めていく少女の自我、と書くといかにも、だけど、そのいかにもを書ける人は少ない。
     今も大好きな一冊。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

氷室冴子(ひむろ さえこ)
1957年1月11日 - 2008年6月6日
北海道岩見沢市出身の作家。本名、碓井小恵子(うすい さえこ)。1980年代から1990年代にかけて集英社コバルト文庫を代表する看板作家だった。藤女子大学文学部国文学科在学中、第10回「小説ジュニア青春小説新人賞」へ「さようならアルルカン」を応募、佳作を受賞してデビュー。宝塚歌劇をモデルにしたコミック『ライジング!』原作者を経て、作家に専心。
以降多くの作品を手がけ、『なんて素敵にジャパネスク』シリーズ、『銀の海 金の大地』シリーズなどが代表作となる。『海がきこえる』は1993年にスタジオ・ジブリでアニメ化された。2008年6月6日、肺癌で逝去。

氷室冴子の作品

シンデレラ迷宮 (集英社文庫―コバルト・シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×