月光のピアス―ユメミと銀のバラ騎士団 (集英社文庫―コバルトシリーズ)

著者 :
制作 : しもがや ぴくす  みらい 戻 
  • 集英社
3.48
  • (9)
  • (12)
  • (30)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 122
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086113038

作品紹介・あらすじ

このごろよく同じ夢を見るの。白い扉の奥にある書斎で、ひとりの騎士から満月色のピアスをつけてもらう夢。甘やかで魅惑的な瞳の、その人は…鈴影聖樹。あたしの憧れの人。あたし、佐藤夢美、17歳。職業・主婦-といっても奥さんしてるわけじゃなくて、ママを亡くして以来、ずーっとパパと弟たちの世話に追われてる。もっと乙女してたいのにっ。でも、ひょんなことから夢が現実に!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後に出た巻から20年。
    諦めていたこのシリーズが復活するとの嬉しいニュースに小躍りする毎日♪
    同じくひとみ先生ファンのフォローさせていただいている方の再読レビューを読んで
    満足しようかと思いながらも、やっぱりわたしも読みたいっ!
    と、遅まきながら追っかけ再読開始。
    新刊の発売までに全巻再読は間に合いそうにないけれど、
    今回の復活は完結まで続くとのことだし、急がずにゆーっくり楽しむことにする。

    「マリナ」と「銀バラ」は何回か読み返しているはずだけれど、
    最後に読んでからずいぶん時間が経っているので忘れていることだらけ…。

    ユメミが記憶よりもさらにたくましいし、
    光坂クンが記憶よりずっと早くから積極的。

    ひとみ先生のコバルト作品の世界を、懐かしみながらいろいろ再度実感。
    美やカッコ良さに対する表現の数々は、当時けっこう衝撃的だったなぁとか、
    「かわいそう」とか「がんばれ(がんばろう)」という言葉を
    肯定的で前向きな意味だけで抵抗なく読めるのも、
    ひとみ先生の文体とキャラならでは、とあらためて感じた。

    うん、再読してよかった。
    お話はまだ始まったばかり。2巻目以降も楽しみ♪

    • 九月猫さん
      あやさん☆

      こちらにもコメントありがとうございますーっ!!

      ふっふっふっ、銀バラってますよぉ♪
      読むのが遅いので(しかも実は「...
      あやさん☆

      こちらにもコメントありがとうございますーっ!!

      ふっふっふっ、銀バラってますよぉ♪
      読むのが遅いので(しかも実は「桜大」と平行読み中)、
      「順調に」というとアヤシイのですが、
      毎日、ひとみ先生の世界に浸ってます(*´∇`*)

      さっき「星影」を読み終わったので、
      今夜からは「オンディーヌ」です。
      新作(きゃーっ、もうすぐですよっっ!!)までに
      全作再読は間に合わないけれど、
      これから新作がどんどん出てくれる(はず)なので、
      まずは、ゆーーっくり再読を楽しみます(*´∇`*)

      (先日、本棚から銀バラ発見のご報告をミョーなハイテンションで
       コメントしちゃってごめんなさいです;汗)
      2013/04/12
    • nobo0803さん
      九月猫さん

      フォローありがとうございます。
      また、うれしいメッセージもありがとうございます。

      藤本ひとみさんに、思わず反応してしまいまし...
      九月猫さん

      フォローありがとうございます。
      また、うれしいメッセージもありがとうございます。

      藤本ひとみさんに、思わず反応してしまいました。懐かしい~!!中学生のころに(年がばれてしまいそう・・)マリナシリーズにはまりまくってました!(^^)!
      あぁ~ほんとに懐かしい。この銀バラシリーズは読んだことないのですが、なかなか面白そうですね!早速チェックします( ..)φメモメモ

      九月猫さんの「積読を減らす!!」私もそうなんです。気になる本が古本であったら買ってしまい、本を読むペースも早くないのに・・どんどんかってしまい、本棚があふれてしまってます(・_・;)
      私も今年は頑張って積読減らします!!

      これからも素敵なレビュー楽しみにしていますね♫
      2013/06/02
    • 九月猫さん
      nobo0803さん、こんにちは♪

      コメントありがとうございます。
      nobo0803さんもマリナシリーズお好きだったのですね!
      ま...
      nobo0803さん、こんにちは♪

      コメントありがとうございます。
      nobo0803さんもマリナシリーズお好きだったのですね!
      またお一人、ひとみ先生ファンに出会えることができて
      とても嬉しいです(*^-^*)
      銀バラシリーズは、この春から新装版として新しく出始めました。
      旧作の再読が後一冊残っているので、まだ積んでいますが
      読むのが楽しみですーっ♪

      積読のほうもお仲間ですね(* ̄∇ ̄*)ふふ。
      2013/06/03
  • マリナシリーズに次いで大好きな銀バラシリーズ。

    大幅加筆復刻に完結まで発売されるということで
    どれだけ加筆されるのかも楽しみたくて
    シリーズを通して再読しようっと、久しぶりに銀バラの世界へ!

    何度読んでもほんとに惹き込まれるっ♡
    八頭身で着やせするタイプでたくましく、
    涼やかで美しい黒い瞳に、切なげな少しの影、
    魅惑の微笑。そして芸術的センスにもある上に
    運動できるし知識も深い。
    それでいて落ち着いていて優しく自分に厳しい騎士道の人。

    ありえない。
    だからこそステキ[笑]

    ラブコメ要素もいっぱいありつつ、
    ライトノベルとしても楽しめるけど、
    いろいろと掘り下げていくと深くて、いろんな知識が
    詰め込まれていたりするところも大きな魅力♡

    世界的な美術品や絵画、魔女裁判、悪魔の鍵、
    堕天使ルシファー、旧約聖書、五角星、枢機卿。

    フィクションの中からも史実にあるものと結んで
    いろいろと掘り下げたい部分がいっぱいあって、
    中学生の頃もたくさんの新しい世界を知るきっかけに
    なった藤本さんの本たち。

    三宇宙四精霊の7つの聖宝を巡る騎士団と貴女(ダアム)
    のドキドキする旅とミステリー。
    大好きな大好きなシリーズの完結を20年越に見れるなんて
    今から楽しみで楽しみで仕方ない!

    • 山本 あやさん
      [♥óܫò]∠♡九月猫さん

      九月猫さん、こんにちはー♡

      もーーーーーー、すっっごいうれしい大っニュースですよねー!!!
      ネットで見た瞬間...
      [♥óܫò]∠♡九月猫さん

      九月猫さん、こんにちはー♡

      もーーーーーー、すっっごいうれしい大っニュースですよねー!!!
      ネットで見た瞬間は夢みたいで、呆然でしたーっ[p>▽<q*]

      藤本さんのシリーズってどれも大好きで
      宝物のお話ばっかりだけど、どれも未完なのが
      再読するたびに切なかったけど、20年もの時間を経て
      完結してくれるなんて、うれしすぎですよねーっっ♡

      ぜひぜひ銀バラシリーズが大人気になって
      マリナシリーズもその流れで復刊、完結っ!!!
      なんてことになってほしいですよねー[ ;Д; ]ノ》♡

      再読して新しく感じること、忘れてた部分
      すごい楽しいですー♡
      九月猫さんもぜひぜひ積読山をわけいって
      ぜひぜひ、ぜひぜひ♡[笑]
      もーーー、今から楽しみすぎますねーーーーー!!!!!!
      2013/04/01
    • oyumyさん
      あやさん、こんにちは。

      銀バラシリーズっ!!!!
      私は「黄金のダガー」まで持っていましたっ!
      懐かしいです、懐かしいです……。
      コバルト文...
      あやさん、こんにちは。

      銀バラシリーズっ!!!!
      私は「黄金のダガー」まで持っていましたっ!
      懐かしいです、懐かしいです……。
      コバルト文庫に夢中になっていた、中学生時代を思い出します…。

      それがこの度復刊になるんですか!?
      しかも未完だったのが完結なんて!!
      これは絶対買いますっ!
      楽しみですね~。
      教えてくれて、ありがとうございましたっ!!
      2013/04/02
    • 山本 あやさん
      [♥óܫò]∠♡oyumyさん

      oyumyさん、こんばんはー♡

      きゃーーっ、ダガーまで読まれてたんですねーっっ。
      もーーー、ほんと面白か...
      [♥óܫò]∠♡oyumyさん

      oyumyさん、こんばんはー♡

      きゃーーっ、ダガーまで読まれてたんですねーっっ。
      もーーー、ほんと面白かったけど、次巻の発売が
      延々と延期になったり、ものすごい時間がかかったりで
      大人になってからの時間とは違って、あの当時の
      子供時間では、果てしない発行への時間でしたよねー[´ロ`]屮

      なので、あれ…そういえば、いつも発行のペースは
      長く間があるけど…もうかなり長すぎない…?
      な感じで、どれも未完…だったのでうれしすぎますよねーっ♡
      しかも今回、「月光」と一緒にレオンの夢美たちと
      出逢うまでの話や生い立ちなどの話も含む本も
      同時発売でのスタートなんてうれしすぎてっっっ。
      発売、すっっっごい楽しみですよねーーーー[p>▽<q*]

      加筆がどれぐらいされるのかも楽しみですよねっ。
      表現もあの当時と今では、あまりに時代も違いすぎて
      古すぎる表現もいっぱい出てきてるし
      その辺も修正があるのかどうかもドキドキですー♡

      発売されたら、一緒にキャーキャーお話しましょうねーー♡
      ますます楽しみがふえましたー[*Ü*]
      2013/04/02
  • 中高生の頃に大ハマリしたシリーズ。
    私は「マリナ」シリーズよりも「銀バラ」シリーズのほうが好きで、
    CD-BOOKもOVAもチェック。
    緋のチェイサーという、作品でこのシリーズは停まっていて、
    ヒロインと鈴影さんが結ばれるかどうか…進展するかどうか…の所なので、
    続きを切望しているのですけれど、たぶんもう出ないんじゃないかと
    諦めつつ、折につけ個人的に続きを妄想しているのです。

  • 昔の少女小説の『銀バラ1巻』。
    私が生まれた頃あたりに書かれてるんだけど、一周回って新しい(≧∇≦)

    内容はヒロインがピアスの呪いうけて、それを仲間と解く、乙女ゲームのようなシチュ。仲間は4人。

    ヒロインが好きだけど、素直じゃない幼馴染のサッカー少年高天。(狼)
    可愛い系でいくじないとこあるけど、やるときはやる後輩の光坂。(猫)
    クールで毒舌だけど、血が流れる展開のたびに活躍する医療知識をもつイケメン才女の冷泉寺。(鷹)

    この3人は、ヒロインの呪いの巻き添え食らって、ヒロインがドキドキすると動物に変わる。ちなみに、呪いが成就するとヒロインは死ぬ。

    ピアスを管理してた鈴影先輩をリーダーとして、呪いを解くため世界に散らばったアイテムを探すのが毎巻の基本的なストーリー。毎回ゲストなイケメンがでてくる。

    ヒロインのざっくりした一人称に、割りと人死ぬ感じの展開が、私には新鮮だった……後お約束の様にヒロインにみんな惚れすぎて、いっそ清々しいw

    古い家の倉庫から貰ってきたんだけど、いい拾い物だった(^_^)v

    20年くらい経ってるのに未完なのが残念・・・・・・と思ったら今年の4月15日に、新しくなってビーンズ文庫から再始動だと!?

    これは、買うしかないな!!

  • 全部持ってたはず。ちょっと忘れてる。発掘したらきちんと書きます。

  • 所在:実家

  •  銀バラシリーズ。

     マリナシリーズと双璧をなして、好き。

  • 懐かしい!
    大好きだったシリーズ。
    全部読んでました。

  • ユメミ・シリーズの第一作目。
    ユメミちゃんのお弁当をぜひ食べてみたいと思います。

  • 私が初めて買った藤本ひとみ作品。ユメミの主婦的感性がとても印象的(笑) 内容も中盤〜佳境で好きな作品なのに途中で止まってしまって悲しい・・・。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

藤本 ひとみ(ふじもと ひとみ)
1951年、長野県生まれの作家。西洋史への深い造詣と綿密な取材に基づく歴史小説で脚光をあびる。フランス政府観光局親善大使。
国家公務員として厚生省に勤務し、その後は地方公務員に。兼業で少年・少女漫画の原作を手がけて、1984年集英社第4回コバルト・ノベル大賞を受賞。1992年に西洋史、犯罪を主題とした小説を描き始める。『侯爵サド』『ジャンヌダルク暗殺』で第19回および第23回吉川英治文学新人賞の最終候補。
ほかの代表作に、『新・三銃士』『皇妃エリザベート』『ハプスブルクの宝剣』『王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇のすべて』など多数。

月光のピアス―ユメミと銀のバラ騎士団 (集英社文庫―コバルトシリーズ)のその他の作品

藤本ひとみの作品

ツイートする