銀の海 金の大地 1 古代転生ファンタジー (古代転生ファンタジー/銀の海 金の大地シリーズ) (コバルト文庫)

著者 :
  • 集英社
3.90
  • (73)
  • (37)
  • (89)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 375
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086116152

作品紹介・あらすじ

真秀は湖の国、淡海で育った。そこは息長族の国だが、真秀はその一族ではない。ヤマトの大豪族の首長がどこかの奴婢に生ませた子で、息長の首長の真若王、丹波の首長の美知主とは異母兄妹である。母の御影はここ数年業病で苦しんでいる。その病によく効く熊の血凝をやるから取りにこい、という美知主からの伝言に、真秀は、不思議な霊力を持つ兄の真澄と、丹波へ向かう船に便乗した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 西暦350年あたりをイメージ

  • 全11巻

  • 何年か前に亡くなった女性作家の未完の少女小説。作者はジブリの海が聞こえるの原作者でもあるらしい。図書館で見つけた彼女の作品はたいていコミカルな作品だったがこれだけは全く違う作風で驚いた。ヒロインが虐げられている作品はよく見るがこれほど虐げられている作品は見た事が無い。というかぶっちゃけ周りから人間扱いされていない。舞台設定が弥生時代?なのも珍しくて新鮮。でもヒロインが着飾っただけで綺麗になる場面だけはいかにも少女小説って感じ。(綺麗な子は泥だらけでも綺麗なんだから着飾った姿を見た後の男たちの態度があそこまで変わるのはおかしい)少女小説らしく無い作風に見せかけて少女小説好きのツボもちゃんと抑えてある。そんな作品。

  • 故氷室冴子さんの永遠の未完(真秀編は完結してますが)の古代歴史ファンタジーの傑作。
    日本書紀・古事記にある「佐保彦の反乱」をモデルに書かれています。
    長い年月がたってますが、学生時代に読んでいてまたふと懐かしくなり手にとりました。
    まだ、人が吉野ケ里遺跡みたいな時代の話ですが、尊い話です。何より、文体と表現の美しさは必見。
    うつくしい世界を如実にあらわしてます。
    好き嫌いはあるかもしれないですし、コバルト文庫ですが、氷室さん急逝されて完結することはないのだと思うと泣きそう。
    個人的に真若王嫌いじゃないよ。
    むしろ好きです。

  • これまでの挿絵と違って、一気にライトノベル感が出てますが、内容は作者な感じで。
    母の造形に驚いた。

  • コバルト読者として避けては通れない、氷室冴子さんの作品。
    未完の大作のため読まずにいましたが、
    古代史に興味が湧き、近くの図書館にあったので既読。

    やっぱり面白いです!

  • 中三の頃に読んでいたので修学旅行で奈良に行く時胸が高まりましたが、まあ、奈良は現代的な年でしたよ。ええ。佐保川だってしっかり固められてましたよ・・・・

  • 古代日本を舞台にした本作に感化されて急に万葉集に興味を持って図書館でちょろっと調べてその気になってた十代の自分がしょっぱい思い出とともに蘇ります。
    ずーっとずーっと、いつか続編が書かれるんじゃないかって期待してたけど、ジャパネスクの挿絵リニューアル版文庫が出たあたりで諦めました。
    本当にもう続編はないのだなと思うとただただ残念。作者・氷室先生のご冥福をお祈りします。

  • 一巻のみ前読んで、実はだめだった作品。人がみな苦手なのである。
    だが、この機会に読む!
    はじまりのはじまりということもあるので、これからなのだろうなと思う。

  • 全巻(11巻)購入済み。

    古代転生ファンタジーということで古代がテーマの小説ですが、さすが氷室先生!どんどんと引き込まれていきました。
    序章の真秀の章後続きは読めなくなりましたが、何度読んでも飽きない大好きな本です。

全57件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

氷室冴子(ひむろ さえこ)
1957年1月11日 - 2008年6月6日
北海道岩見沢市出身の作家。本名、碓井小恵子(うすい さえこ)。1980年代から1990年代にかけて集英社コバルト文庫を代表する看板作家だった。藤女子大学文学部国文学科在学中、第10回「小説ジュニア青春小説新人賞」へ「さようならアルルカン」を応募、佳作を受賞してデビュー。宝塚歌劇をモデルにしたコミック『ライジング!』原作者を経て、作家に専心。
以降多くの作品を手がけ、『なんて素敵にジャパネスク』シリーズ、『銀の海 金の大地』シリーズなどが代表作となる。『海がきこえる』は1993年にスタジオ・ジブリでアニメ化された。2008年6月6日、肺癌で逝去。

氷室冴子の作品

銀の海 金の大地 1 古代転生ファンタジー (古代転生ファンタジー/銀の海 金の大地シリーズ) (コバルト文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×