ちょー美女と野獣 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)

著者 :
制作 : 宮城 とおこ 
  • 集英社
3.81
  • (196)
  • (124)
  • (305)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 1017
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086143226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この一冊から野梨原先生の虜になりました

  • ちょーシリーズの第一作にして個人的には一番面白いと思う作品。
    ダイヤちゃんがちょうかわいい。

  • キャラクターが好き。
    ハイテンションハイテンション。んでハッピーエンド。
    文章は読みづらいけど慣れれば読めます。

  • 美女と野獣が元ネタのぎゃぐ。
    獣の姿の王子が気に入っていたお姫様は、王子が元の姿に戻ったとたんに彼に冷たくなり・・・

  • 人を寄せ付けない深い“絶望の森”の奥に、愛し合う美女と野獣が暮らしていた。美女はジェムナスティ国の王女ダイヤモンド。父であるジェムナスティ国王の命を助けた野獣への礼として、この森へやって来て、野獣に恋をした。野獣の正体はトードリア国の王子ジオラルド。魔法使いに獣にされた。その魔法を解く方法はただ一つ。誰かと愛の誓いを立て合うことだった。
     威勢の良い絶世の美女ダイヤと穏やかでおっとりとして優しいジオ。ダイヤが好きでフラれてもめげないアラン王子とアランに仕える自称「美貌の流浪の大賢者」のスマート。何を考えているか解らないライー。悪者のリブロとタロットワーク。どれも個性的なキャラばかりで、テンポの良い会話は面白い。悪役が悪者すぎないところが良いです。

  • シリーズ通して全部好き。

  • シリーズ全巻読了。ダイヤとジオが活躍してた頃のほうが好きかも。子供たち編もそこそこ好きだけども。

  • ちょーシリーズ初巻。設定がかなりぶっ飛んでいて面白いです。オリジナルさを感じました。それぞれのキャラの特徴・言葉遣いも作られているので大体「ああ、これはこのキャラが喋ってるな」と見分けが付きます。面白さも詰まったシリーズです。でも何がいちばんぶっ飛んでいるかって言えばきっと間違いなくダイヤモンドの性格・趣味ですよね(笑)

  • 友人に勧められて。
    続刊にも手出しました。

  • 小学校高学年時。間違いなく表紙買い。このあと続編数冊読んだ…かな

全166件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

作家。富士見L文庫での作品に「マルタ・サギーは探偵ですか?」シリーズ、「妖怪と小説家」などがある。

「2017年 『鳩子さんとあやかし暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちょー美女と野獣 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)のその他の作品

野梨原花南の作品

ツイートする