ちょー魔王(上) (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)

著者 :
制作 : 宮城 とおこ 
  • 集英社
3.54
  • (47)
  • (33)
  • (148)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 464
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086146180

作品紹介・あらすじ

祭りが続くレフーラ市街。王宮に潜入しているスマート(♀)が、新月の夜の儀式のことをジャネカから訊き出そうとしている頃、ユーナーンがオリヴィアの離宮を訪れていた。ユーナーンは、冷たい表情で、どうしてダイヤとオリヴィアをとらえているか語り出す-。一方、レフーラに到着したアラン王子とグーナーは、さっそくヴァデラッヅたちと合流するが…。レフーラ編クライマックスへ突入。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アラン王子登場の巻。
    ライー合流はまだかなー

  • レフーラ編第4巻。
    サリタの迷いが伝わってきて苦しくなる。

  • 2008年12月23日

  • はじめて読んだシリーズものは多分これじゃないでしょうか。

  • ひっさびさに女スマートに会いたくなったのだ。好きだったなあレフーラ編、ここのサリタとゴルディオン嬢は別格。終わり方もすごく好きで、シリーズここで終わってもよかったんじゃないかと思う。

  • レフーラの5。
    タロットさん覚醒。あとへたれまくるジオ。

  • 借り物。

  • サリタが切羽詰ってきて、読んでるこっちも切羽詰ってくる一冊。(笑)

  • 面白かった(手抜き感想)。シリーズ読了後に「ちょー葬送行進曲」でまとめて感想あり。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。富士見L文庫での作品に「マルタ・サギーは探偵ですか?」シリーズ、「妖怪と小説家」などがある。

「2017年 『鳩子さんとあやかし暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちょー魔王(上) (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)のその他の作品

野梨原花南の作品

ツイートする