マリア様がみてる 6 ウァレンティーヌスの贈り物〈後編〉 (コバルト文庫)

著者 :
制作 : ひびき 玲音 
  • 集英社
3.37
  • (61)
  • (62)
  • (356)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 980
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086147156

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地元図書館(05/07/02)

  • 女子校だというのに、デートだヴァレンタインだと楽しそう。あらゆる登場人物が、それぞれにそれぞれのヴァレンタインを過ごす。和やかな中に、ひっそりとせつなさを潜ませる短篇「紅いカード」が妙に心に響く。

  • キャラクター小説であるところの「マリみて」ですが。今作はその魅力が余すところなく出ており。かなりお気に入り。特に不器用というか世間知らずというか、ハンバーガーを初めて食べる祥子さまが微笑ましいのなんのって。ああ、このように少しにやけながら読める本って良いわ。

  • 前編で思いっきりドタバタ劇にした分、収集をつけていく+キャラクターに引きこむための巻。短編集みたいな感じで読めます。

全39件中 31 - 39件を表示

マリア様がみてる 6 ウァレンティーヌスの贈り物〈後編〉 (コバルト文庫)のその他の作品

今野緒雪の作品

ツイートする