学園アドベンチャー ダイスは5 (コバルト文庫)

著者 : 松井千尋
制作 : こなみ 祥子 
  • 集英社 (2001年4月発売)
3.64
  • (7)
  • (5)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086148443

作品紹介・あらすじ

『あなたには、この遊びに参加するだけの資格があります』-自分に居場所がないことを感じていた尚美に、差出人不明の一通の手紙が届いた。選ばれたのは、お互い顔も知らない、学校の異なる高校生6人。サイコロを振り「加害者」と「被害者」を決定する遊び。『気をつけて!この遊びのことを他の人に話したNくんは、一カ月後に死にました』。尚美は、このゲームの参加を決意する…。

学園アドベンチャー ダイスは5 (コバルト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コバルト文庫40周年らしいので何か好きだった本でも読み返そうと引っ張りだしてきました。
    今読んでも面白いしノイタミナあたりでアニメ化したらいいんじゃないかなーと思ってしまうのはファンの欲目でしょうか。
    うざい、と言われていじめられた子に親友?と思ってから真宏の発言、篤の回想、裁ちばさみ、ナクナラレタ...。「いじめたい人がいて、いじめちゃいけない理由のない人がいるときに、いじめっておきるんだよ」という言葉はしんどいけど事実だ。

  • 初読から十年ちかく経過した今も覚えています。そういやコバルトでこれだけクールなヒロインというのも珍しいかも。
    読み応えのある作品でした。

  • めっちゃ好きです。中古で二冊追加購入してしまったくらい。
    一冊完結です。

    クールな感じの主人公も好きだし、ストーリーも好き。
    人と人との関係が、痛くもせつなくもあって、温かくもあったり。

    繰り返し、読み返してしまう。

全4件中 1 - 4件を表示

松井千尋の作品

学園アドベンチャー ダイスは5 (コバルト文庫)はこんな本です

ツイートする