北斗の拳 1 (集英社文庫(コミック版))

著者 :
制作 : 武論尊 
  • 集英社 (1997年5月16日発売)
3.88
  • (99)
  • (70)
  • (127)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 616
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・マンガ (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086172837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★ジード一味。唖のリン、少年バット。
    ・(牢破りを持ちかけるバットに)おまえが逃げたら牢番のあの子はどうなる…。
    ・(唖のリンの秘孔を突いて)しゃべれるように、おなじないをしたのさ! あとはかの女の心しだいだ。心の叫びが言葉を誘う。
    ・(爺さん)北斗現れるところ乱あり。
    ★種モミを守る爺さんを襲う、暴力集団KING。南十字星サザンクロスの町。南斗聖拳のシン。ユリアの愛を巡って。実はいまリンが連れているのは人形。ユリアは自殺したのだった。
    ・(他人のために種モミを守る爺さんに)…今日より明日……。久しぶりに人間にあった気がする…。
    ・てめぇらに今日を生きる資格はねぇ!!
    ・(爺さんの墓に)実るさ…。下にあの老人が眠っている。
    ・スローすぎてあくびがでるぜ。
    ・弱いカマキリほどよくしゃべるようだな。
    ・やつの名はシン!! おれの胸に七つの傷をつけた男だ!!
    ・シン! てめえにあうために地獄の底からはいもどったぜ!!
    ・ブタはブタ小屋へ行け!
    ・(涙がスー)忘れてもいい。生きていてくれただけで。
    ・執念!! おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!
    ・(シン)いない……。ユリアはもういないんだ。おれとおまえの戦いは永久に決着がつかないんだ。
    ・(シン)だがな。おれはおまえの拳法では死なん!! さらばだケンシロウ。
    ・(なんで埋葬するのと問われて)同じ女を愛した男だから。
    ★オアシスの村を襲う、ゴッドランド(ナチス風)の国民ゴラン。リンと再会。レッドベレーの軍曹サージ。
    ・(ひさしぶりに骨のあるやつにあえたようだな…)そう。そしておまえが最後にあった男になる。
    ・(だ…だれだ!!)死神だ!!
    ・どうやら死ななきゃわからんようだな。
    ・(いったん助かると嘘をついておいて)きさまのような外道、おれが生かしておくと思うか!!
    ・(なにが目的だ!!)おれにはもう、なにも目的はない。すべてを失った人間だ!! ただ…。きさまらのような狂信者のために犠牲になりながされる幼い子供たちの涙が……悲しみが…おれをここにつれてきた………。
    ・おれは生まれた時すでに暗殺者だった。
    ・(きさまほどの力があったらなんでもできるのに後悔しないのか。リンを抱いて)後悔するはずはない……。

  • 関東などを舞台とした作品です。

  • 世紀末、暴力の嵐が吹き荒れる無法の荒野で力なき民は苦悶の声をあげていた。そんな時、廃墟の町に現れた謎の男、ケンシロウ。ケンシロウの必殺拳、北斗神拳が悪党たちを倒す…!!

    001:心の叫びの巻
    002:怒り天を衝く時!の巻
    003:秘拳! 残悔拳の巻
    004:KINGの逆襲の巻
    005:サザンクロスへ!!の巻
    006:宿命の再会!の巻
    007:狂乱の殺人者の巻
    008:執念の炎の巻
    009:執念と怒りの巻
    010:巨星堕つ時の巻
    011:オアシスでの出会い!の巻
    012:悪魔の処刑!の巻
    013:マッド軍曹の巻
    014:究極の暗殺者の巻
    015:死のブーメランの巻
    016:野望を断つ涙!の巻

  • 父親が持っていたのを初めて読んだときは、あまりの男臭さと血液量にビビってそっと本を閉じたけど、大人になり色んなものに目覚めてから読んだら印象がガラリと変化していた。
    ピュアで純粋な男たちが好きな女の子のために戦う姿が愛しくて仕方ない。これは、ちょっと血飛沫が多くて線が太い少女漫画。

    ラオウ以降はちょっとアレですけども、まあそれだけ人気があったのかなあって。というか、ラオウって子作りのやりかた知ってたんだ……ってそっちの驚きがでかかった。童貞だと思っててごめんなさい。

  • 【北斗の拳1】ネタバレ。

    1話目で親を殺され声が出ない少女リンを『北斗百裂拳』という技で助けた。声が出せなかったリンがケンに「ケーン!来ちゃだめ〜〜」というシーンは有名である。この回で、お調子者のバットとケンは行動を共にする。
    2〜3話目で種のみを村に届けようと必死のおじさんが殺された時のケンのセリフ「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」もカッコいい。頭の指を抜いたら3秒で死ぬ『北斗残悔拳』で敵を倒し、おじさんのお墓に種のみを撒いたケンの心の優しさが表現されていたと思う。

    4〜10話目
    KINGが支配する街サザンクロス。ヤツの名はシン。ケンの胸に7つの傷を負わせた男だった。かつてケンはユリアという恋人がいた。しかしユリアと一緒に生きていこうと決めた日にシンに力づくで横取りされてしまった。
    そして再び再会した3人。喋らなくなってしまったユリアを前にケンは「生きてくれただけでいい」と感動の涙を流す。そしてシンとケンの2人は決着をつけるため戦う。しかし明らかにケンの方が強かった。明らかに昔と違うケンにシンはユリアの胸を貫き殺した。
    それはケンの怒りに触れた。「あたたたた!」ケンの奥義のひとつでシンはあと1分で死ぬ。ユリアの元にかけつけたケンはそらはろう人形であることに気づく。そこでシンはユリアはもうこの世にはいないことをケンに話した。略奪と戦いで手に入れた街をユリアに与えたせいでユリアは悲しみ、自ら死んだこと。死んだ後、シンは街も富も名声も権力もむなしいだけでユリアだけが欲しかったとその時悟ったことを…。
    シンは「おまえの拳法では死なん!」とユリアと同じように飛び降りて死んだ。プライドが高い男だったが、唯一同じ女を愛した男だったと認めたケンはシンのお墓を作ってやだた。

    11〜16話目
    オアシスで再び出会ったのはかつての少女リンだった。彼女はケンを追いかけてくる途中、GODLANDという狂気の野望を抱いた軍隊集団に捕まったが、ケンに再び助け出されたのだ。これ以上被害者の子供を出さないために南斗聖拳一派であるカーネル大佐に戦と戦う。彼は超能力者と言われていたが、目と筋肉の微妙な動きで先を読んでいたにすぎない。そこでケンは一切の気配を断ち切って戦い勝つ。その時ケンは自分は生まれた時すでに暗殺者だったと告白する。

  • 全15巻。
    怒りとはかなしみ。そしてかなしみこそが愛。
    ケンシロウは、ケンシロウという個性じゃないんやな。友の心を背負った存在がケンシロウなんやな。

  • 男気だなぁ

  • レイが素敵すぎる…!まさに男が惚れる男だぜ…!

  • カテゴリ、本当は教養作品にしたい。
    これ借りるとき、偶然年配の女性に「あなたマンガ読むの?」って言われた。漫画はポンチ絵で小説なら勉強だと思っている人には何を言ってもと思って何も言わなかったけど。閑話休題。
    まずリンがかわいい。
    シンが敵だけど憎めない作りなのもいい。
    あと名言がすごくぱっと目を惹く。原哲夫の劇画調の絵すきだな。

  • もう名作ですよね...


    男達の熱い仲というか絆というか...
    あと男女の愛の凄さが描かれてたり。


    兎に角原先生は神です。



    ...私はトキ兄さんが大好きです←

全81件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■原哲夫・・・・・・ 1961年東京都生まれ。1983年より連載された『北斗の拳』が、社会現象を巻き起こす大ヒット。その後も『花の慶次~雲のかなたに~』『蒼天の拳』などヒット作を次々と世に出し、現在月刊コミックゼノンにて『いくさの子ー織田三郎信長伝ー』を連載中。

「2019年 『前田慶次 かぶき旅 ①』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原哲夫の作品

北斗の拳 1 (集英社文庫(コミック版))を本棚に登録しているひと

ツイートする