北斗の拳 4 (集英社文庫(コミック版))

著者 :
制作 : 武論尊 
  • 集英社
3.53
  • (11)
  • (15)
  • (44)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 222
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086172868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・(足を意志と無関係に動かせておいて)地獄まで自分の足で歩いていけ!!(とめてくれ!!)自分で秘孔を突いてとめてみろ!!(レイ)指がなくては突きようがないか…。
    ★マミヤが調べたところでは、鬼の哭く街カサンドラにトキは捕らわれている。VS獄長ウイグル。拳王親衛隊をかいくぐり、門番ライガとフウガの助力もあり、牢のトキと再会。
    ・(レイ、マミヤを評してにやり)熱い女だ!
    ・(拳王の部下に)……これも伝えておけ。この世におれより強いやつはいない!!
    ・(レイ、ケンを追うマミヤのために廃教会の鐘を鳴らして)フ…。そのむくわれぬ愛のために…………。
    ・(トキ、死の灰を浴びて北斗神拳の伝承者になれなかったが)ケンシロウ。おれは、この先人の命を助ける人間として生きる…。いずれは死ぬ体………。それまでになん人の命を助けることができるか。それが、おれの生きていたという証だ!!
    ・(ライガとフウガのなぜ殺さぬ!!に応えて)敵意より、哀しみ。おまえたちの目は哀しみに満ちている!!
    ・その墓は大きめに作ってあるのか? では、できるだけ小さくたたんでやろう。
    ・墓穴がせますぎたな。しかし、じきにちょうどよくなる。安心して死ね!!
    ・な…なんと、岩を支えたまま絶命している!!(ライガとフウガ)
    ・(泣きながら)安心して眠れ。悪の炎はおれが消す! そして拳王に死を!!
    ・おれには、まだ鬼の哭き声が聞こえる…。
    ★トキがマミヤに、ケンとラオウの過去の因縁を語る。レイVSラオウ。ラオウは闘う相手が、北斗七星の横にある星を見たかどうかを、必ず尋ねる。レイに3日間の命を与え、恐怖を伝説にし拳王の名を絶大にする。ケンシロウは一度、気(オーラ)で負ける。トキは秘孔でケンシロウを止めておいてVSラオウ。ケンシロウVSラオウは引き分けに。
    ・(リュウケンの問い。ラオウ、北斗神拳をなんにつかう。)おのれのためだ!!(おのれの!?どれでなにをめざす!! スー、ブアッと指差して)天…!!(それは点にたち権力の座にすわるということか!!)この世に生を受けたからには、おれは、すべてをこの手に握る!!(そんなことは神が許さぬぞ!!)ならば神とも戦うまで!!
    ・(トキ)ユリアは、おれたちの青春だった。そして…あの時から、すでにケンシロウとラオウは闘う運命にあったのかもしれん……。
    ・(レイ、村をまもったリンを抱きかかえて)てめえらの血はなに色だーっ!!
    ・(レイ、自らボウガンを構えるアイリを見やって)もう、おれに弱点はない。アイリはおれから離れた。自分の意志で生き! 自分の意志で死んでいくだろう!!
    ・(レイ、ラオウと戦わないでと叫ぶリンに)おれは闘うことでしかケンやおまえにカリをかえせない男だ。

  • ライガとフウガが通路を支えるの、幽白の裏切りの門に影響を与えているのかな。
    しかしリンちゃんマジ天使。アイリちゃんにとっても天使なの。
    トキお兄さんはかっこよくてずるいな(笑)

  • 始めはトキだったはずのアミバ、ヒゲの数で人を処刑してしまう法の番人カサンドラ伝説を作り上げたウイグル獄長とザコキャラも深化。



  • レイは無精髭が似合わないw
    ラオウの名前は知ってたけど、こんなに早くから出てくるんだー。

  • 天才アミバ現る

  • ノーコメント

  • みんな死兆星みえちゃったのネ。

  • 蒙古覇極道!懐かしいっー!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

■原哲夫・・・・・・1961年東京都生まれ。1983年より連載された『北斗の拳』が、社会現象を巻き起こす大ヒット。その後も『花の慶次~雲のかなたに~』『蒼天の拳』などヒット作を次々と世に出し、現在月刊コミックゼノンにて『いくさの子ー織田三郎信長伝ー』を連載中。

「2018年 『北斗の拳 イチゴ味 ⑨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北斗の拳 4 (集英社文庫(コミック版))のその他の作品

原哲夫の作品

ツイートする