ウイングマン 4 (集英社文庫(コミック版))

著者 :
  • 集英社
3.31
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086173506

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 健太たちの学校に、桜瀬りろというロリ少女が転校してきます。あおいと美紅を「お姉さま」と呼んで慕う彼女は、「りろちゃんず」というバンドを結成し、デビュー曲はたちまち大ヒットとなります。しかし彼女もやはり、リメルに送り込まれた刺客でした。

    争いを嫌う彼女は、歌で人々を魅了することで、三次元を支配することを目論みますが、そんな彼女のやり方に不満を抱く殺人鬼のラガールは、コンサート会場に潜入していた健太とくるみに襲いかかります。

    ラガールとの戦いの後、ようやく平和が訪れたかに思えた健太たちでしたが、今度は神谷麗一、神谷麗奈、神谷麗人という美形の三人きょうだいが転校生としてやってくることになります。彼らもまた、リメルの命令を受けて三次元の世界に潜入した者たちで、麗一はあおいに、玲奈は健太に、そして麗人は美紅にそれぞれ接近します。さらに、一年生で健太と同じくヒーローオタクの「ヒロダー」が不確定要素として加わり、ストーリーを引っ掻き回します。

    いきなり健太と神谷兄弟のリング・マッチになるなど、ちょっと展開が唐突かなという気がします。

  • 転入生・桜瀬りろはヒーローアクション部とバンドを結成、たちまちレコードデビュー、大ヒットに!うますぎる話に、健太はりろの正体に疑問を持つ。りろ達のコンサートに潜入した健太が見た物は!?

全2件中 1 - 2件を表示

ウイングマン 4 (集英社文庫(コミック版))のその他の作品

桂正和の作品

ツイートする