ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)

著者 :
  • 集英社
3.83
  • (102)
  • (62)
  • (148)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 543
レビュー : 117
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086174213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり蘭世でしょ!

  • これとともに少女時代を過ごした。普段冷たい彼がちょっとした所で見せる優しさにいつの時代の少女も弱いんだな。

  • 私にとって永遠の名作!
    また最近真壁くんブームが来ていて毎日寝る前読み漁ってます。
    やっぱり蘭世と俊の第1部が一番好き♪後半の真壁くんが人間になってしまってからの話の下りがストーリー的には一番魅力的なところかもしれませんが、何気に私は序盤の平和な頃のやりとりも好きだったり…。
    お気に入りシーンは初めて真壁くんが蘭世の名前を呼んでくれるシーン。でもツボな真壁くんは魔界人になってカルロ様が登場し蘭世への気持ちが読者にわかるように描かれている辺りが一番ポイント高いです(笑)
    私にとって永遠の憧れの王子様は真壁俊くんです☆

  • 絵柄が80年代!真壁くん、ワルっぽいけど実は優しいとか、きゅんってなっちゃうやつ。真壁くんとアロンの出会いににやり(後の展開を思うとね)。黒豹のお蘭かっこいいw

  • 蘭世編が一番好きです。(文庫版8巻まで)
    大人になって、恋人や夫婦関係で悩んでいる時に読み返すのもいいものです。
    損得勘定のない純粋な愛し方を学べます。
    なかなか実行できないけれど…。

    第二部なるみ編をきちんと読んでいなかったので、集めることにしました。

    2015.1 11巻まで

  • 蘭世と鈴世の仲の良い姉弟を見ていると癒される。家族仲も良い江藤家が羨ましい!!

  • とにかく真壁君がかっこよすぎです。
    蘭世の時代が一番面白い。

  • 【注意】お腹いっぱいで読むともたれます。

  • 叔母さんのバイブルだったらしいのだ。小さい頃読んでたなぁ。と思って懐かしくなったのでもっかい読みたい。

  • ときめきながら読んでいます。昭和のガーリーな感じが大好きなので、ファッションや小物の感じなんかもグッと来るし。でも、読み始めて最初、中学生の話だって気づかなかった笑

全117件中 1 - 10件を表示

ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)のその他の作品

池野恋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)に関連する談話室の質問

ときめきトゥナイト (1) (集英社文庫―コミック版)を本棚に登録しているひと

ツイートする