魁!!男塾 1 (集英社文庫(コミック版))

著者 :
  • 集英社
3.66
  • (37)
  • (31)
  • (79)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 266
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086175210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思い出の漫画シリーズ、書き始めたら止まらなくなって(笑)。

    大人が読んだらギャグでしかない格闘漫画。だが、子供心には熱く激しい漫画だった。
    ………富樫、飛燕の死に涙し、生き返った彼らの姿に、本気で安堵したあの頃の自分が可愛らしく思い出される(笑)。
    ………“民明書房”の実在を信じた一人だったりする(苦笑)。

    ………コミックス30巻を越える長期連載にも関わらず、最後は打ち切り?

    ●(これまた打ち切りだが)アニメ化
    ●商品化(カードダスなど)

    ………などと、結構稼いでくれた作品であるはずの今作を、集英社は、まるで“コミックス1冊だせるかどうかで打ち切りになる新人作家”並に唐突に打ち切った。

    その頃には熱も覚めて冷ややかな目でしか読んではいなかったが、それでも、「そりゃないよ、集英社」と思った。


    毎週楽しみにジャンプを買わせてもらった、“天兆五輪大武會編”の前半までに敬意を表して、
    ★3つ、6ポイント半。

  • booklive無料本。

    ひたすら濃い。作者の発想力に驚愕。

  • ごめんなさい実は5巻くらいから読みました。

    この漫画、何回人がよみがえるのかなと思いました。

    それにしても桃太郎は何者なんだ。

  • イカレ具合と濃い漢の密度120%!
    バトルギャグ漫画の最高傑作!
    初期の軍国ギャグの切れ味が鋭すぎます。
    名台詞「悪い予感がするのぅ」だけでも笑えてきます。

  • 時々人の大きさがおかしな事になる
    江田島平八最強

  • 鬼ヒゲ萌え

  • ストーリー:7 画力:7 魅力:8 デザイン:8 構成:9 表現力:8 独創性:8 熱中度:9 センス:9 感動:8 総合:81

    懐かしい漫画です。
    北斗の拳もそうでしたが、絵が濃すぎて読んでない人もちらほらいましたが、大好きな作品の一つでした。

    まあ、当時の漫画のお約束で、ありえない展開やら無理やりとってつけた展開っていうのは当たり前だった時代なので、今読むと余計に突っ込みどころ満載なところはありますが、そこがまたいいです。

    好きなキャラベスト5
    1.伊達臣人
    2.大豪院邪鬼
    3.月光
    4.赤石剛次
    5.羅刹

    例にならって、結構いい加減なベスト5です。(記憶が曖昧なので。)
    ただ1位の伊達臣人は確定です。

  • ラーメンマンさんもツイッターでオススメしていたので購入してみました。

  • 過剰な男らしさと過剰なバカバカしさが絶妙なバランスで融合した、宮下マンガの最高傑作。小学校の頃、図書館で母親と一緒に民明書房を探したのも良い思い出です(ヒロセ)

    今にして思い返すと、名も無き三号生達が相当かっこいい(ムサシ)

  • 人生のバイブルですな。

全45件中 1 - 10件を表示

宮下あきらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魁!!男塾 1 (集英社文庫(コミック版))を本棚に登録しているひと

ツイートする