ジョジョの奇妙な冒険 4 Part2 戦闘潮流 1 (集英社文庫(コミック版))

著者 :
  • 集英社
3.72
  • (47)
  • (51)
  • (91)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 611
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086177870

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読。
    ジョセフの頭の回転の早さや観察眼、戦闘センス、おばあちゃんに弱いというギャップ等はいかにもバトルマンガの主人公って感じでかっこいい。
    ストレイツォは美形だからって(?)悪役にしなくても…と思ったが、散り際が潔くてなかなか良かった。
    ジョセフが女装とか「ハッピーうれぴーよろぴくね」とか名シーンが多い巻。
    メキシコでチンピラに絡まれても余裕なシーンとか、こんだけでかくて強かったらどこにでも行けるしいつも心の余裕があっていいな~と思ってしまった。

  • 若かり租頃のジョセフの話、おばあちゃん子ってところが良い。

  • ジョセフがこの後4部まで出続けることを思うとこのシリーズ感慨深いんですよね…リサリサ先生とシーザーがとにかくいいキャラなんです!
    シーザーとの友情が厚い!!!

  • 読むの疲れる……。無駄が多すぎる。

  • 第2部・4-7巻・全巻購入済

  • 露骨な肋骨

  • 再読。
    2012/07/17/Tue.〜07/21/Sat.

  • 石油王 スピードワゴン財団 メキシコ 遺跡発掘隊 1983NY スモーキー コーラの栓 ジョセフ•ジョースター 柱の男 トンプソン機関銃 ハーケンクロイツ=逆十字 シュトロハイム少佐 我がドイツの医学薬学は世界一ィィィ! ゴッドファーザー=名づけ親 サンタナ=メキシコに吹く熱風 ドノヴァン
    人間の偉大さは恐怖に耐える誇り高き姿にある。 プルタコス

  • 一部最後で主人公も宿敵も死ぬという、今までにない終わり方をしたジョジョシリーズ

    終わり方もびっくりすることながら、はじまり方もびっくり
    主人公の性格は全然違うは、前部での味方は敵になるは、スピードワゴンさんはしょっぱな死ぬわ。
    型破りすぎでしょ(笑)

  • コーヒーショップに現れたストレイツォとジョセフが戦うシーンが良い

全24件中 1 - 10件を表示

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×