イタズラなKiss 1 (集英社文庫(コミック版))

著者 :
  • 集英社
4.11
  • (81)
  • (31)
  • (58)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 295
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086181419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いまでも理想の男は入江くんですw

  • ハンサムで天才の入江君に、おバカでぶきっちょな琴子が一途に思いを寄せるラブストーリー。完結しなかったのは残念ですが、価値ある一冊。

  • 全23巻。文庫版全14巻。

    ドリフっぽいラブコメ。

  • 琴子かわいすぎるーーーーー

  • まだ三巻。
    久しぶりに王道少女漫画を読んでニヤニヤした。クールな入江くんがどんどん人間味を帯びてくる感じがイイネ!

  • 書店バイト時に。

  • 子供の頃通っていたピアノ教室で読んでました。いつの時代に読んでも面白いなぁ。作者さんがお若いうちに亡くなられて残念です。

  • 元祖ツンデレと言えば入江くんでしょう!振られてもめげないドジな琴子に次第に惹かれていくところが最高。金ちゃんのキャラもいいし、絵は癖があるけど愛さずにはいられない名作。最後…すっごい気になる所で未完になっちゃっているけど…ドタバタ恋愛マンガの最後としてはアリだったのかもしれない。多田先生のご冥福をお祈り申し上げます。

  • 著者の多田かおるさんが連載途中で逝去され、
    未完のまま(の筈)ですが、多くの読者に愛され続けている作品。

    別冊マーガレット連載開始から
    ずうーーーーっと毎月まいつき
    ドキハラしながらページを繰ったものです。

    今も単行本を取り出しては、読み返し、
    その度1〜2回はまじで感動し、泣きます。

    入江くんにもえもえし、琴子に激しく共感し、
    琴子の健気さとなりふり構わず入江くんに向かって行く情熱と、
    それを見越した上で琴子を教え諭す入江くんの関係性...。
    彼らを取り巻く家族や友人たちも、みんなあったかい。


    最近まで知らなかったけれど、
    天才・入江直樹のモデルって、
    福山雅治さんだって、本当ですか〜?
    当時のドラマの役柄のイメージだとすれば、
    なんとなく、わかりますw

    では、ガリレオ先生は、入江くんの進化系...??

  • 文庫版は全12巻。未完。

    集め中。

    ツンツンな天才と元気な女の子のラブコメ。
    こういう組み合わせ好き。

    未完で終わったのが惜しい!

全55件中 1 - 10件を表示

多田かおるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする